今生きている奇跡

ボンちゃんが、センターから出てきた同じ日に、同じセンターから出所した太陽も、低体温と痙攣からの復活で今があるのですが、大怪我を負っていたボンちゃんも、あの日から4ヶ月の長い長い入院と、先生方が試行錯誤を繰り返されての、4度にも渡る手術のすえ、今の身体と命があります。



骨や関節の手術だけではなく、溶けた皮膚や腹膜の再生のための治療。
怪我直後の治療でもないこともあり、かなり感染症が進み、いたるところの壊死が始まってからの手術。
それは想像を絶する高度でデリケートな治療でした。






長い長い入院の間、病院のスタッフの皆さんにもとても愛していただいてたボンちゃん。
退院日は、朝礼でぼんちゃんお別れ会で祝ってくださったそうです。
20170509154907b4c.jpg


この前退院時は、院長にはお会いできなかったため、もっと詳しいお話は、土曜日の愛犬の診察時にお聞きするつもりです。
普通の外科治療の域は超えた再生治療のため、外側の皮膚だけでなく、腹膜、筋肉などに関する注意もあるのですが、まずはしっかりお聞きして、まだ若いボンちゃんの、これからの幸せ探しに生かしたいと思っています。
そう、たとえば。。。ボンちゃんの皮膚は、ものすごくピーーーーンと張っていて、この皮膚にメスを入れての避妊手術は、今の所考えられません。
溶けていた腹膜も、再生したとはいえ、非常に薄いものらしく。
元気なボンちゃんを大切に、幸せに導いていくため、私も沢山勉強しようと思います。




20170509162632e8c.jpg
当の本人、ボンちゃんは、ものすご〜くハッピーなお顔で、クルンクルン甘えてくる可愛い子です。

2017050916275087c.jpg




後ろ足一本と、皮膚を随分失って、繋ぎ合わせてもらった彼女ですが、特に不便そうでもなく、立って、座って、結構走ります。

2017050916294571d.jpg






病院の入院手術費用に関しまして、ご支援金やチャリティー販売する物資で、皆様にご協力いただき、本当にとても助かります。ボンちゃん以外に、秋桜も尿道再建手術をしたことや、予定外に次々乳飲み子も入院になったりで、とても苦戦しています。
チャリティー販売物資も、再度きちんと整理して、現金に換えるべく準備をしないといけないのですが、座ると同時に授乳や離乳食に追われて、ネット作業ができずにいます。手作りグッズを託してくださっている方々、すみません。感謝しています。
色々整理して、お礼とともにご報告いたします。


あっ、又乳飲み子が泣き始めたので授乳です〜。ひとまず、無事退院のお知らせです。本当に応援ありがとうございます。
ボンちゃんの物語は、命が助かって終わりではなく、やっと今、幸せ探しのスタートラインに立てました。
まだずっと続きますので、一緒に応援してくださいね。

次は土曜日以降、もっと詳しいボンちゃんのお話を、書かせていただきます。

4姉妹

そしてGW直前に、次の4姉妹がやってきました。
目も開いていて、お腹もぽっこりの健康そうな子供達。
20170507154930115.jpg



20170507154823b53.jpg


20170507154755db5.jpg


20170507150111b3d.jpg


このシーズン、あっちでもこっちでも、乳飲み子のネタばかりだと思いますが、今まで県センターからの乳飲み子引き出しは、ほとんどありませんでした。
乳飲み子は、保健所収容時に迷子として公示されることもなく、又センターに移動する前に死んでしまう場合も。
なので私達ボランティアの目に触れることもなく、命を絶たれていたのが現実。

北九州市と、福岡市のセンターでは、ミルクボランティアの取り組みが始まっています。
研修を受け登録されたミルクボランティアさんに、一旦乳飲み子を預け、成長後にセンターの譲渡猫として戻してもらい、センターで飼い主探しをする制度。
猫を助けたいけど、自分のうちでは飼えなかったり、又譲渡までする自信が無くても、センターでできない部分を補う形で、乳飲み子〜離乳期のお世話をするボランティア。

県でも、その制度が整えば、もっともっと救える命も増えるのですが。


この子たちは、ミルクボラでは無く、猫子堂引き出し。なので、譲渡までが、私の役目です。
元気に育ってほしい。そして幸せに。

みのりとはまだ、一緒にできませんが、みのりの体調も整って、双方血液検査が済んだら、5姉妹として育てていきます。
名前は。。。みのりにちなんで。。。
上から、むぎちゃん、きびちゃん、ひえちゃん、あわちゃんです。
どうぞよろしく〜〜。



facebookでの呼びかけで、多くの子猫ミルク、哺乳瓶、そして離乳食のご支援を頂きました。
我が家だけで無く、仲間や、私たちが保護できない子猫を引き受けてくださる保護主さまとも、分け合って、大切に使わせて頂きます。本当にありがとうございました。感謝しています。


みのり頑張れ

亡くなった姉妹よりは大きく育ってはいたけれど、背骨はゴツゴツさわれていたみのり。

きちんと短い間隔で飲んでいるのに体重が減って行ってしまって。
おしっこのでも悪い。
で、熱発で腹膜にも炎症があり入院。

でもなんとか乗り越えて、帰ってきてくれました。
201705071407544ff.jpg
免疫落ちてるうちに、ショボショボしてた片目のヘルペスが悪化してしまいましたが、目薬も頑張って刺させてくれる良い子です。

ちっちゃいけど、鋭い小さな歯がいっぱい生えてるみのり。
離乳食で大きく育てたい。
20170507141232472.jpg

5月に入って、バンバン食べさせて、たった6日で70グラム増えました。
確実に手のひらに感じる命の重さ、愛おしくってたまりません。

20170507141044751.jpg
頑張ろう頑張ろう頑張ろう❣️

脱皮

ちいちゃんは、とても静かで控えめな犬だった。
鳴くことも騒ぐこともなく、静かに私や他の犬猫を見つめてる。

だけどそれは、体にまとわりついた鎧のような不潔な毛皮が重すぎたせいもあったかもしれない。
20170427140027ab6.jpg
後ろ足の爪は巻き込んで肉球に突き刺さっていた。これでは元気に飛び跳ねたりできるはずもない。
痛かったね。犬の我慢強さには泣きそうになる。
201704271400472e5.jpg
薄い皮膚を傷つけないように、慎重にバリカンを進めていくトリマーJ君。

初めて彼に出会って、やはりボロボロで褥瘡に蛆虫まで湧いていたボーダーコリーのウェルをボラトリしてもらってから、もう2年になる。

その間多くの保護犬たちの変身を手がけてくれた彼が、あっさり言ったのは「今までで断トツ、酷いですね」
わぁ〜〜。そうなんだ。。。本当に辛かったね。



201704271408002ff.jpg
長い時間をかけて取り去った鎧は、ちいちゃんがあと2匹作れるほどの塊だった。


20170427140917b29.jpg
お風呂もね、本当にいい子。

20170427141000263.jpg
気持ちよくなったね〜。
いっこいっこ数えられる背骨。

201704271410541f4.jpg
わぁ〜可愛いお顔が出てきたよ。


20170427141154c82.jpg
ちいちゃんも、J君も、本当にお疲れ様〜〜❣️

脱皮完了。
さぁ、生まれ変わるよ。

再会〜もう一度幸せになろうね

20170427133459cf4.png
このシーズーの情報が私の耳に入ってきたのは、実はこうして収容情報に掲載される前日の事でした。
マイクロチップのデータをもとに、センターから、そのデータの人物へ、連絡が入ったのです。



何とこの子は、今から2年前に、他県のボランティアさんから、福岡県の人へ譲渡されていた子だったのです。
きちんと誓約書類を交わしての譲渡だったそうですが、鑑札登録等の約束は守られる事なく、連絡が取れなくなったそうです。



その後この子とその人に何があったのかは、私は知らないし、今更関心もありませんが、マイクロチップのおかげで、再び生存が確認できた奇跡のようなお話。。。


シーズーちいちゃんは、元の保護主さんがつけ呼んでいた名前。ちいちゃんは覚えていました。
痩せ細って、ボロボロの毛皮が鎧のようにこびりついていたちいちゃん。
2017042713470031f.jpg



こんな姿でも、迎えに行った私に、ちぎれんばかりに尻尾を振った可愛いおじいちゃん。

2017042713483761d.jpg


20170427134824925.jpg


桜が満開のあにまるぽーとを4月11日出所です。

今度はセンター所有の鑑札もつけていただきました。





マイクロチップに守られて、私の元へやってきたちいちゃん。
空白の2年間は忘れて、しっかり健康になって、幸せになろうね。
カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR