感無量

今日はもう一つ絶対書かなくっちゃ。
そう思ったのは、ネロの顔つきが大きく変わったこと。


201801222302003f8.jpg

もちろん今までも、何度も触ることにチャレンジしていたし、いつも敷物を変えたり、ご飯やお水を変える時には声をかけてたよ。


だけど、ネロのビクビクは尋常じゃなかった。
無理やり押さえつけて撫でたりは、もちろんしない。


ネロがいつか、受け入れてくれる日を。。。
ネロが歩み寄ってくれるその日を待ってた。






20180122230200027.jpg

そしてその日はやってきた。


表情が明らかに違うし。私の撫でる手を受け入れている。



2018012223015746c.jpg



そっとかぶせる掌に、ネロの頭がぐいっと押し付けられた。



もちろんその瞬間の写真はない。
写真どころじゃない緊張の瞬間。





もう私は撮影してた携帯をそっと床に置いて、神経を、耳を集中した。




ネロが小さく小さく喉を鳴らしてる。
生まれて初めてじゃないの?。。。


う、う、嬉しすぎるよ。



何年前だっけ?多頭崩壊の全盲のネロ、保護した日。


この子の家族たちで、無事譲渡されたのは1人だけ。

元の無責任飼い主にまともなご飯も愛ももらっていなかったこの子たち。
殆どが保護主宅で譲渡できないまま、今もひっそり暮らしてる。

それは、なんとか救いたいとあの時一歩踏み出した仲間たちのせいでも、猫自身のせいでももちろん無い。





15匹の中で、目が見えないネロは1番絶望的看取り保護だと思ってた自分が恥ずかしいよ。



ネロ、大好きだよ。

今年は大きな目標を持って、あなたと接して行く。

きっともっともっと変わっていけるはず。



これからのネロも、どうぞ見守ってください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR