呼びかけで繋がったイノチ

この子は人慣れしておらず、激しく威嚇があるという情報だった。
2017082923103193b.jpg

自分たちが救えない収容猫の呼びかけをするには、大きな責任も覚悟も伴う。

ただ殺処分を免れたとしても、その行き先がネグレクトのような飼育環境だったり、一時の感情で手をあげても、その後後悔して、その子が重荷になるようなら、私たちのやっていることは、決して正しく無い。

呼びかけで頂くメッセージには、真剣にお返事させていただいて、とことん話し合って、問題なければ引き出し〜譲渡を決める。


近郊だったら、もちろんご自宅まで伺うし、遠方の場合も連携できるボラさんと連絡を取って環境確認もさせていただく。センターから出て、そのまま譲渡の場合だからと言って、条件を変えるわけじゃ無い。
ペット可住居で、完全室内飼育で、家族みんなの賛成と、終生飼育。

当たり前の条件でも、緊急の場合、助けたいやさしい気持ちで、家族に反対されて居ても、一時的に預かりたい。そのように言ってくださる方も多い。とてもお気持ちはありがたいけど。。。お断りさせていただいた方々、ごめんなさい。


この茶白の猫は、公示期限内で少しも人馴れすることもなく、センターでの血液検査も不可能で、引き受けてもらうにはリスクが高かった。ですが、こんな子でも、無条件で引き受けて、終生愛育を約束してくれる人が現れた。


嬉しかった。夢みたいだった。

だけど、センター移送の日は、私が高校の講師をしている日、金曜の午前で。
威嚇が激しいこの子を、自分でキャリーに移せることが、引き出しの最低条件だった。

朝学校に行って、急遽一緒に授業をしている先生と話し合う。3時限目に男子生徒を2人連れて、センターに行っていいかと。手伝ってもらって引き出して、4時間目にはその体験や命の重さについて、みんなで話し合おうと。


ブログでは、ほとんど載せて居ませんでしたが、私は立花高等学校で、『命のつなぎ方』という体験授業の講師をしている。



いっそ全員で行けないだろうか。そんな思いつきでセンターに電話を入れたら、なんと当日なのに、大人数での見学が受け入れてもらえた。

20170829231022cf6.jpg
2017082923102446c.jpg
2017082923102545a.jpg
20170829231027d98.jpg
所長に県の愛護センターの業務や県の犬猫の現状などをわかりやすく話していただいて、館内の見学もさせていただいた。
その後、男子生徒2名とクラスのリーダーの女子生徒を連れて、この猫が移送されてきている部屋に行きました。
201708292310219e2.jpg
20170829231021dd2.jpg

小さな金属ケージの中で、神経をとがらせていたこの子は、何度も檻に体当たりして、爪を出してきたけど、ここから連れ出すことさえできれば、大きな愛で迎えてくれる人がいるんだよ、って。それを話して、受け止めてくれた生徒たちと、逃さないようにバリケンに入れた。





この子を引き受けてくださったのは、遠く北海道に住む方です。
この子をそのお家に送り届けるまで預かって、しっかり愛情かけて、医療もかけてくれた仲間と、北海道の希望者さんのお家まで、環境確認に行ってくださった北海道のボラさんに、心から感謝しています。


こうして、私も、他の県センター登録メンバーの誰もが救うことができなかった命が、今ピカピカに輝いて、新しい猫生を歩いています。
201708292310183e8.jpg
20170829231028195.jpg


威嚇がはげしい。と、処分が決まっていた命が、今こうして生きていること。
その、レスキューには、多くの人の想いや行動が関わっていること。。。
引き出し当日に関わった高校生たちの心にも、しっかり残っていると思うのです。



呼びかけは無責任では無いか。。。と悩んだ時もありましたが、その時々に出来ることを、仲間たちと話し合い、精一杯誠実に、やっていきたいと思っていますので、どうか、ご理解ください。



この子を迎えてくださった、北海道のチャチロのお母さ〜〜ん。その後、チャチロちゃんはみんなと仲良くしてますか〜〜?
最新写真良かったら、Facebookメッセで、送ってくださいね。もう直ぐ新学期。
きっと生徒たちが喜びます。


呼びかけで繋がった命、まだまだ続きます。第一弾のチャチロ君のお話は、この辺で。
長々読んでくださって、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

みんなありがとう

たまさん、忙しい中をギリギリのレスキューご苦労様でした、ありがとう。
高校生の皆さんにも大きな経験でしたね。
その点でも本当に貴重なレスキューでしたね。

チャチロくんを迎えてくれたかた、ありがとうございます。
遠く離れた北海道から希望された理由がきっとあるのでしょうね。
チャチロくんが選んだんでしょうね。

現地のボラさん、有難うございます。
ボラさんの働きがなければこの遠距離リレーは難しかったと思います。

みんなで繋いでくれた大切な命、ずっとみんな幸せに過ごされますように!
感動いたしました(´;ω;`)

久しぶりにこちらのブログに参りました。
ずっと以前、譲渡会会場や写真展でお会いしている者です。
高校で講師をされているのですね!それも大切な、生の授業を・・・。
昨今、若い子の凶悪犯罪のニュースをテレビで見ますが、TAMAさんの授業を受けて、命の大切さを一度でもちゃんと考えた子は、そういうことをしなくなると思います。
小さな命を大切にすることは、周りの人を大切にすることにもきっとつながる・・・。

ケージの中にいる子と、北海道のお宅で伸び伸びと暮らしている子、同じことは思えません!ピッカピカに輝いていますね!

優しい気持ちになれました、ありがとうございました。

Nanaさん、関わったみんなにありがとうを伝えてくださって嬉しいです。私の長い、長すぎるかな〜〜のブログ記事がちゃんと読んでいただけて、伝わって嬉しいです。
だってね、期限延長すらなく、ネットでの情報だけで、私さえ見て居ないあって居ない子の命が繋がるのって、奇跡なんです。
でも諦めたら終わり。今まで何年も何匹もの命を諦めて来ました。
見捨てた子たちへの謝罪の思いはずっと消えません。せめてこれからは、できることを、って。そう思って。

かしみやさん、お久しぶり〜〜!私は変わらず、Cigarさんと、さきちゃんとやっています。でも3人ともこうして年月重ねると、出せない障がいがある子や自分にしか慣れていない子も増えて来て、いつまでも自分ちを増やし続けられず。保護っ子のQOLを下げずに、呼びかけて繋ぐ子の譲渡条件にもしっかり責任を持つ、そう言う方法のレスキューもやっています。
何が正解かはわからないけど、いつも悩んで誠実に。
子供たちに伝えることも同じ。一緒に体験して、一緒に悩んで考えて、一緒に答えを見つけています。
カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR