ボンちゃんの細いウエストの秘密

2017051509362144b.jpg
素早く動くので、なかなか写せないんですが、ボンちゃんのウエストは、私の手の、親指と人差し指で輪っかを作ったくらいの細さです。

骨盤が半分ないのかと思いましたが、あるんですって。
普通の事故では無く、ぐちゃぐちゃで、壊死が始まってからの入院でしたから、先生方も時間との戦いで、壊死〜敗血症を防ぎながら、ほとんどが前例のない再生や移植の手術だったそうです。
皮膚だけでなく、腹膜も壊死が始まっていたので、お腹の中を洗浄して、臓器を元に戻しても、腹膜も凄く凄く薄く、脆く、本当にボンちゃんの生命力の強さも幸いした奇跡の復活だったそうです。



20170515120828625.jpg
病院では、ずっとケージでしたから、うちでフリーにして、初めて運動能力がわかるのですが。。。

もうびっくりするほど、身軽で、高いところにも平気で上がり、全く3本足だというハンディーは感じません。

2017051512103750f.jpg




20170515121216b48.jpg

猫タワー普通に登るし、高い天井付近の猫道も走ります。

もう怖くって、目が離せません。




ボンちゃんのお腹の皮膚は、ゆったり中身を覆う量まで復活できなかったので、最後は、いろんなところから、切り目を入れて寄せたりして、皮膚移植してもらっています。

なので、このぴーんと張った皮膚にメスを入れることは当分できず、避妊手術が出来ません。
皮膚だけでなく、腹膜も凄く薄いということで、避妊手術はしないまま、この子と暮らせる家族を見つけられたらと思っています。

本当に凄く甘えん坊で可愛いのです。この前退院時に、ワクチン接種もしました。月末ごろに2度目のワクチンも予定していますので、来月あたりから、ボンちゃんの終の住処を。。。この奇跡の命を、溺愛して、守って、共に幸せを感じてくださるご家族を、募集したいと思っています。


ボンちゃんのびっくり写真いっぱいあるんですが、長くなりましたので又❣️
続く)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR