宝物・・・

3月ももう終わろうとする日曜日・・・すっかり春らしい陽気になって、私は保護猫たちの世話をしたり、愛犬たちそれぞれの散歩をしたり、のんびり緩やかな昼下がりを満喫していた・・・
11080733_539964739480039_4044531312802447884_o (1)


近頃体力差の激しくなってきた愛犬たち・・・それぞれの体力、体調にあわせ、一匹ずつの散歩の時間を大切にしています。

この日も、日中は結構暑かったので,元気な若手を連れて,海まで歩いたり・・・気持ちの良い波打ち際で、わかめを拾ったり、そんな散歩ローテーションの最後がナッシュの番だった。







ナッシュが立ち上がらない・・・えっ?どうした??
名前を呼んでも,伏せたまましっぽを振って顔を見るだけ。すぐに口の中を見ると、歯茎が真っ白!!
どうして??何があった??
日曜の夕暮れ。行きつけの病院2件に連絡を取り、どちらもすぐに受診は不可能で、夜間救急へ。

嘔吐も下痢も,呼吸が荒いことも無く、ただ歯茎が真っ白で立つことが出来ない・・・
福岡夜間救急動物病院へ電話連絡がつかない時間だったけど,開くまで前で待つつもりで走った。

運よく到着したらすぐに,まだ準備中だったにも関わらず緊急な容態のためすぐに診察室へ入れていただき、採血、エコー。血圧も低く、すでに危ない状態だと言うことで、血液検査では貧血の数値だけが異常を示してた・・・

実はつい,10日ほど前に健康診断で採血をしていたナッシュ・・・その時点ではまったく異常の無かった数値が今は上がっている・・・そのことを医師に告げると、どこかで出血が起こっているはず・・・腹水を抜いてみると鮮血だった・・・エコーで内臓の周りに血が多く流れ出ていると。エコーで、脾臓に腫瘍があり、それが破裂して腹部にたまっている。

今,この時点で出血を止めなければ朝まで持たない・・・また手術をしてもきっと大量に出血すると思うので,輸血をしないと手術中に亡くなる可能性が大きいと・・・だけど病院には供血犬はいないので、血液の準備が出来ない・・・そんな説明を受けながら、私は《輸血をお願いできる・・・供血をお願いできる友人が居ます、すぐに連絡を取ります・・・》そう告げれ、手術の準備を始めてもらった・・・


レスキュー仲間のアニーが、すぐにフェイスブックで呼びかけながら、病院へ向かってくれた。

HappyPorterの春ちゃんも、愛犬ゆずを連れてすぐかけつけてくれると・・・

アニーが呼びかけてくれたチームAの仲間、ゑびす家とニッキー家も、ほどなく駆けつけてくれた。

1427650572440 (1)
ゆず

img_6_m.jpg
ジャム、ジェリー、
ゑびす、未来



5匹もの供血可能な大型犬たちが、2~30分で駆けつけてくれたことに、病院の先生たちもとても驚かれていて、とにかく一刻も早く・・・と、一番最初に到着して,年齢も体重も問題のないフラットのゆずで、血液のマッチングテストを。
適合した・・・ゆずから、300もの血液を安全に抜くために、ゆずに麻酔をかけるところから手術は始まった・・・

どんなに安全に考慮したとしても,麻酔にはリスクが伴う。。。それも承知で承諾書にサインをしてくれた春ちゃんに・・・同じく、ゆずが適合しなかったら、わたしたちの愛犬で!!といってくれた仲間たちに、心から感謝して、とにかくすべてに祈りを込めて見守った。

供血の詳細は、アニーのブログの記事を読んでいただきたい・・・ほんとうに・・・ココに来てくれた方たち以外にも,多くの仲間たちが見守り,スタンバイし、ナッシュのために深夜まで祈ってくれていた・・・




ゆずの麻酔が覚め始め、点滴のために別室に移され、次はナッシュが手術台に上がる番。
開腹と同時に大量の出血があるはずなので、そこで一気に血圧低下で死ぬのを防ぐため、輸血からスタート。ゆずの濃くて綺麗な血液が、ナッシュの血管に入っていく・・・

ありがとう・・・ゆず・・・・ナッシュ頑張れ・・・・

この頃まで・・・写真を撮ることすら出来なかった・・・・



手術が始まった・・・ガラスの前で見ていたが,開腹と同時に大量の血液が噴出してきて、バキュームで吸い出しただけでもすぐに下の大きな瓶が溢れるほどで・・・輸血は同時に続けられながら,2人の獣医師がどんどん内臓を引き出し,奥の患部を探り出した。腫瘍ができて破裂していた脾臓が、ほどなく切除されて、焼いて処理された臭いがして・・・腹腔内の溢れる血液を吸い終わり、生理食塩水で洗い、少しずつ吸い出される液体の色が薄くなって・・・

間に合え、頑張れ,ナッシュの心臓・・・どうかどうか止まらないで、止まるな~~~~!!!モニターを見ながら、願い続けた。内臓が納められ、大きな傷口が縫い合わされ、縫合された傷口に消毒が塗られるまで、ナッシュの心臓は頑張った。。。
DSC_1355 (1)

1427650564788 (1)
こうやって、私の愛するナッシュは、帰ってきた・・・みんなの愛と強いパワーに守られて、私の元へ。帰ってきてくれた。


DSC_1353 (1)
ナッシュの命を助けてくれたゆずの血液は、最後の一滴まで無駄にしない・・・と、生食で最後まで流し込んで・・・ナッシュの目が開いた・・・
DSC_1354 (1)
深夜の手術が終わるまで、ずっと付き添ってくれた仲間たち・・・ナッシュの無事を確認して、2時半~3時になって自宅に帰って・・・ほんとに、みんながついててくれたことが、どんなに心強かったか・・・

輸血が完全に終了する頃には、ナッシュはすっかり笑顔になって・・・
DSC_1361.jpg
ほんとにすごい!!これが、内臓を出して、腫瘍のあった臓器を切り取って、また内臓をつめて縫合した約2時間後の笑顔です。
DSC_1364 (1)
夜間救急で、朝5時まで静脈点滴を続け、帰宅。
かあちゃん、喉が渇いた!お腹がすいた・・・そういうナッシュに、少しだけ食事をさせて、朝を待ってかかりつけの病院へ入院させました。
月曜朝から水曜日まで。

大きな手術のあとなので、感染症がないように、静脈点滴をするためです。
ですがナッシュ、元気すぎて、ワンワン吠えて、お腹すいたと暴れて・・・少しずつ貧血も改善傾向にあるし、お腹の中に再出血はないので、退院しましょう・・・と、早々にお迎えに行ってきました!!
ナッシュ、我が家に帰ってきました。

DSC_1408.jpg
まだもちろん、大きな傷の周りは痛々しいし、貧血も完全じゃないので少しよろよろしていますが、目の輝きが違います。
切り取った腫瘍は現在病理検査待ちで・・・もしかしたら結果はよくないものかもしれない。

だけど、こうやって、あの日あの時、死ぬ可能性のほうが高かった状況から、私の元へ帰ってきた宝物・・・
そして、そのとき想いを寄せてくれた友人たちも、わたしのかけがえのない宝物・・・

その感謝の気持ちと・・・大きな大きな暖かい輪に包まれた私もナッシュも、本当に幸せで・・・
検査でどんな結果がでたとしても、一緒に寄り添い立ち向かう。だから大丈夫!!

これから先、レスキューのほうでは、猫の遠方への譲渡やフォローや、面会トライアルなどの予定も、病状次第では仲間に迷惑をかけるかもしれない・・・でも、これで歩みを止めるつもりは無いので、出来る範囲で頑張ります。
だって、命の大切さや、人と犬猫の絆を教えてくれたのは、他でもないナッシュたちだし。
だから、がんばる

みんな・・・ほんとうにありがとう!!



★貧血ナッシュは、ダイエットフードの高いやつを仕入れたばっかりだったんですが、貧血改善のため、大好きな手作り食に戻り、大喜び。鶏レバー大好き。食事に詳しい方・・・いろいろ教えてください。血を増やす食材など、アドバイス求む。








私は,福岡県動物愛護センターの登録団体Happy Porterのメンバーです。ホームページには、たくさんの犬猫の募集掲載がありますので、ぜひご覧ください。

そして、福岡県センターだけでなく、福岡市、北九州市も含む、センターレスキュー仲間の合同HPNEKOKODOU【猫子堂】こちらもどうぞ、ご覧くださいませ。

10489912_587405201378645_3279000114069486276_n_20140729132818171_2014082115541795c.jpg

新しい家族募集の犬猫に運命の出逢いを見つけるため、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

良かった

本当に良かった。我が家の愛犬は小型犬ばかりで、供血では役にたてないけれど頑張れ〜〜コールと祈る事はできました。

本当に良かった。

お久しぶりです

annyさんのmixi見て、びっくりしました。
無事に戻ってきてくれてよかった。
本当によかった(T_T)
みなさんの絆、ナッシュの生きる力、すごいです。
TAMAさんも、無理されないでくださいね。

ビビは変わらず丸々と元気です。
もちろん、千代子と、ちーも。
じぃじは亡くなってもうすぐ2年。
突然の別れで、何のしようもなかったけど、息子の中には今でも、じぃじの存在は残ってるようです。
うちには猫3匹いるんだよ!
でも、じぃじと、ココアがいたから猫5匹なの!
と、いろんな人に言ってまわってます。
3匹と聞くと、みなさん驚かれるし、ビビを見ると笑われますけどね。笑
まだまだ、ビビたちとたくさんの思い出を作りたいので長生きしてもらわなくっちゃ!
ナッシュも頑張って生きようね。

異変に気付き、全てのことが間に合って良かったですね。そして、素晴らしい仲間に恵まれナッシュの命が助けられたことに涙なくしては読めませんでした。
術後、間もないのにナッシュの目の輝きと笑顔がたまらなく愛しいですよね。

保護っ子達のこともありますが、ご無理をされないようになさって下さいね。

ボニーさん、あきなちゃん、kiyokoさん、ナッシュはご心配おかけしました。
本当にあの夜、イノチの灯が消えてもおかしくない状況から、みんなの愛情と危機一髪のタイミングで、奇跡的に私の元に返ってきてくれた愛しい子・・・腫瘍の病理検査は、悪い予想通りで、悪性腫瘍。
今後、いつどうなるかは、わかりませんが,後悔のないようにベストを尽くします。
ほんとうにありがとう。
カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR