猫のきもち・・・猫の感情・・・

この前の記事に書いていた翌日のレスキューの話。

保健所からの相談案件の、高齢者飼育困難の猫3匹、そして、別の保健所の公示期限切れの負傷猫1匹の,計4匹を引き出した。
保健所の職員さんと一緒にうかがったその家の猫たちは、とても美しく健康的で、そして今まで大切にされていたのがわかる・・・数人の知らない人間が部屋に入ったため、みんなそれぞれベッドの下やテレビの後ろに隠れたけど、手を伸ばして掴んだときもひっかくことも咬むことも無く・・・不安そうに鳴いただけで、大人しくキャリーに入った。

DSC_0423_20150205155517797.jpg
一番年上,12歳のコータロー。
おばあちゃんはコータローに,言って聞かせたそうです・・・あなたは、お兄ちゃんなんだから、ルビーとジロウをしっかり守るのよ。いいね・・・・そう言って涙を流しながら、わたしたちに深々と頭を下げられ・・・

ずっと昔から、たくさんの町の猫たちに自腹で不妊手術をして、町の猫たちが増えすぎて問題を起こさないように,頑張ってこられた方でした・・・そして、たくさんの捨て猫や捨て犬の、貰い手探しもしてきた人。
だけど、元気だったおじいちゃんが急に倒れて入院し,ご自分ももう、これ以上お世話は続けられなくなり、施設に入るということでした。身につまされます・・・わたしたちも、いつ自分がお世話を出来なくなるかわからない・・・保護している子、飼っているわが子たちを残しては、ぜったいいけない・・・

DSC_0432.jpg
ルビーちゃんは11歳。大人しく穏やかな子・・・そしてもう一匹はチャトラのジロウ。ジロウは、4歳半。
2人とも避妊,去勢済みの大きな綺麗な子。
DSC_0428.jpg
最初,コータロー一人を2段ケージに,ルビーとジロウを3段ケージに入れて様子を見たのだけど、コータローは最初から,ご飯も食べたし,下に下りてトイレも出来たが、ルビーとジロウは、ガチガチに固まって,怯えて震えて,2段目3段目から降りることもせず,それぞれ,その場所のクッションにオシッコやうんちまでしてしまった。
もちろん、ご飯にもまったく口も付けない。

これはいけない・・・やっぱり、3人一緒じゃないと駄目なのか・・・おばあちゃんが言ったように、コータローが2人を守ってやらなきゃ駄目なのかも・・・そう思って、他の保護っ子(仁,ピアノ、コマカ、あらかぶ)が一緒に入っていた広いスペースに3匹を移動させたのだが・・・


なんと、コータローはどんどん,時間がたつにつれて不機嫌になり,凶暴になり、そばを通っただけのジロウに襲い掛かって茶色い毛が盛大に舞う大喧嘩に!!喧嘩というか、一方的にジロウがやられ、縮こまったままがたがた震えて・・・それを見ていたルビーも怯え,これは駄目だ・・・と急遽また2人を救出・・・
DSC_0527.jpg
そして、広い広いケージのホットカーペットの上では,大きなコータローがこちらに背を向けて不貞寝。

もう怯えマックスになって、コータローの唸り声を聞くだけで、胃液を吐くまでになってしまったジロウは、急遽仲間の桐子庵さん宅へ、避難させてもらいました。

ずっと愛され,平和に暮らしていたこの子たち・・・とても心が傷ついているのがわかる・・・
特に賢いコータローは,状況が納得できない。。。認めることが出来ないで居るのがわかりすぎて、ほんとうに切ない。
きっと、もう一度安心できる終の棲家をみつけるから、頑張って心を鎮めてね。

ルビーは、保護部屋にフリーにした。タワーの穴の中からなかなか出てこないが、何度かトイレやご飯のところに出てくる姿を確認したのでよかった・・・あとは時間がきっと解決してくれる。

1620675_685788554873642_3300411168901471173_n.jpg
移動したジロウは、すっかり桐子庵さんちでくつろぐことが出来たようで、早く新しい家族に繋いであげたい。
若いし,性格も体調もとてもいいので、きっと愛される猫になれる子。


ある日突然,幸せで大切な住処から、知らない人の手によって連れ出された3匹の、それぞれの気持ちは、ほんとうに私たちの心にも痛いほど突き刺さった・・・保健所収容~センター移送の部分を飛ばして、今回直接引き取りをする・・・という、いつもと違ったやり方をしたが、それでもここまで傷つく猫たち。


捨てられたり、捕獲されたりで、保健所に収容され、寒々としたケージで公示期限切れを待つ子たちの不安と絶望は、どれだけのものだろうと、改めて思う・・・


そしてそんな収容猫だったキジ猫の男の子。
DSC_0444_20150205162557809.jpg
まだ1歳にもならない、とても人懐っこい子。歩くことが出来ない。

DSC_0445.jpg
レントゲンを撮ると、骨盤が背骨を押すような形でずれている,大きな骨折は無いが、そのせいで後ろ足が利かない。
おまけに陰部がすれて,痛々しい傷がある。

まずは傷を治して,リハビリしよう。きっと歩けるようになるよ!!

同じような負傷の子をリハビリした経験がある・・・きっとこの子も大丈夫。
名前は橙(だいだい)時間かかっても、きっと幸せ見つけるからね。
DSC_0456.jpg
綺麗な目,可愛い顔!青い首の筒は,お尻の傷を舐めにくくするためのカラーです。
ウンチや,オシッコをするのがとても痛いらしく、大騒ぎでケージ中にうんちを塗りつけてしまうので,大変ですが、とにかく生きて出てこれてよかった!!頑張ろう,橙。



そして、ハーネスが食い込んでいた茶白の文旦。少し落ち着いたので、血液検査に行きました。
DSC_0508.jpg
DSC_0505.jpg
よかったぁ~~~~!!エイズ白血病マイナス!
文旦は,来週月曜日に去勢手術をする。公示期限までに飼い主は出てこなかったので、引き取ってなければもう、消えていた命。去勢手術まで終了して、もしも、元の飼い主が見つかった場合は、新しい家族に譲渡するのと同じように、適正飼育のお約束が出来る方である場合のみ、かかった医療費のご負担を頂いて、譲渡の形でお返しする。
もう二度と迷子になったりしないため・・・命の危険にさらされないため・・・




保健所には、昨日も今日も・・・・次々と収容されている・・・すべての命を救えない私たち。
期限が切れて、深夜0時に写真も情報も消えた救えなかった子のことを、決してわすれることなんて出来ない。
辛い懺悔の気持ちで,その子の記憶を胸にしまう・・・

どうか、あなたの大切な大切な愛猫を,外に出さないでください。迷子にしないでください。

そして、ただ可哀想、可愛いだけの感情で、地域に迷惑をかける無責任な餌やりは、決してしないでください。
増えた猫は嫌われ者になり,虐待の標的になり、迷惑をかけられた人の怒りに触れて、捕獲器で捕まり、闇から闇へ・・・命が消されてしまいます。
環境省のホームページを見てください。

国も、人と動物が幸せに暮らす社会の実現プロジェクトを推進しているのです。
決して,今の殺処分の現状を,このままで良いと思って,せっせせっせと処分に励んでいるわけではないんです。
時代は少しずつ,少しずつでも変わっているのです。救いたい、殺したくない声も、届くところまできているのです。

でも、それを大きく邪魔しているのは,無責任な飼い主、無責任な動物好き。
どうか、あなたに出来る事を・・・・何か見つけて,伝えてください。
なにも、ボランティア活動しなくって良いんです。まずは、あなたの周りの、犬や猫の飼い主さんに、迷子にしない、増やさない、捨てないように、アドバイスやお手伝いをしてください。伝えることが重要です。

猫に関しては、とにかく、無責任な餌やりさんを無くすこと。守りたい人、世話したい人は、いっぽ踏み出して、地域猫活動をしてください。国も県も推進しています。アナタの住んでいる自治体に相談してください。きっと詳しく教えてくれます。


私たちは,センターレスキューのグループです。
最後の最後に,期限がついた子を・・・その中のほんの一部しか救えないボランティアです。
できることだけを、こつこつとやりながら、メッセージを伝えられれば・・・そう思っています。

言葉よりも、もっと多くを語ってくれるのは,捨てられた子たちの顔・・・
どん底の顔・・・人を信じられない表情・・・信じ始めた不安な眼差し・・・そして,もう一度笑った顔・・・
どうか、そんな犬や猫たちの心を・・・見てやってください。


そして何か,出来る事を考えてくれたら、嬉しいです。
この猫たちは、Happy Poeterでレスキューしました。どうぞ、応援してください。














私は,福岡県動物愛護センターの登録団体Happy Porterのメンバーです。ホームページには、たくさんの犬猫の募集掲載がありますので、ぜひご覧ください。

そして、福岡県センターだけでなく、福岡市、北九州市も含む、センターレスキュー仲間の合同HPNEKOKODOU【猫子堂】こちらもどうぞ、ご覧くださいませ。

10489912_587405201378645_3279000114069486276_n_20140729132818171_2014082115541795c.jpg

新しい家族募集の犬猫に運命の出逢いを見つけるため、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR