もう一つの保護部屋公開!!

・・・・あんまし猫まみれなので、ぞっとされちゃうかもしれない・・・・

なので、写真出し渋ってましたが~~~~!!そんなこと、いっとられん!!
DSC_5234.jpg
はい・・・・こんなに居ります。。。

うちのシニア猫もいます。
いつも、誰が新人で入ってきても優しいベッカム
DSC_5204.jpg
そして、我が家の肝試し猫・・・女帝ピッコロ・・・(このピッコロにもあっさり受け入れられた社会性の持ち主が、ジュピターです)
DSC_5226.jpg
手に障害がある月ちゃん
DSC_5195.jpg
そして、ジュピターのそばにいるのは、癲癇持病ありの噛み付き猫、コーン(チャトラ)
DSC_5232.jpg

この先住4にゃんの部屋に,保護猫モンド、ねね、ネロ、そしてシャムシャムズの寿、ジュピター,コマカ、ハナリがいます。


なので、一つ前の逢いに来てね♪の子たちに面会に来てくださった方には,同時にこの部屋の子にも逢って頂くことができます!!
もう・・・・譲渡会会場ほどの,猫たちがおりますので、きっと、いろいろなお好みの方や,ライフスタイルの方に,気に入っていただける子がいるかと・・・・なんて,宣伝させていただいております。

シャムシャムズ。一度トライアルに出て,子供さんのアレルギーで帰ってきたジュピター。
今日,一件お問い合わせを頂き,現在調整中です♪いいご縁になりますように。
DSC_5211.jpg
ジュピターは,人の目をよく見る,とても可愛い優しい子。幸せになろうね・・・

そして、大きな手術を乗り越えた寿ちゃん
DSC_5209.jpg
ちょっと眠いときの写真なので、ぶすっとしていますが、まとわりついてはなれない甘えん坊です。
小柄でキュートな女の子。

そして、一番若いとおもわれる、ハナリ!!
DSC_5230.jpg
ちっこくて、キュートな子猫です。たぶん、7~8ヶ月くらい!?よくじゃれて、べったべた。ごろごろ大音響で喉を鳴らし、抱きついて両手もみもみします。
DSC_5212.jpg
寿、ハナリ,ともに検査済み,ワクチン済み,避妊済みで,募集中です。
寿はちょっと気が強く,他の猫にしゃぁ~いいますが、言うだけで手も出さないので、同居は可能。でも、一匹飼育でべったべたに可愛がっていただけると、もっと嬉しいです。

ハナリは,誰とでも仲良くやれるし遊べます。先住猫さんがいるおうちにも,すんなり溶け込めると思います。

もうひとりのシャムシャム,コマカさんは、まだ涙目なのと、トイレトレーニング中なので,募集はもうすこし保留です。
10540875_457291897747324_1599965532724534561_n.jpg

コマカ、ハナリといっしょに、うちへ移動してきたオス猫の碧は、昨日同じくシャムシャムズの、アミルを預かってくださっている方の下へ移動しました。

アミルと,碧の日常は、こちらのブログ、おねのねこよりご覧ください。


そして、シャムシャムズのいる保護部屋には、福岡市センターからのモンドと、県センターからのねねもいます。
ふたりは、とっても不思議ちゃんです。
DSC_4706.jpg
そんな2人の,おかしな物語は,次の日記で!!

お問い合わせはお気軽にこちらのメールフォームからどうぞ~~~~!!




・・・・誰か抜けてるとおもったら・・・居ました・・・まだ・・・・ネロ。
DSC_5199.jpg
全盲でビビリで、フリートイレストですが、愛しい奴です。



センターレスキュー仲間の合同HPNEKOKODOU【猫子堂】こちらもどうぞ、ご覧くださいませ。
10489912_587405201378645_3279000114069486276_n_20140729132818171_2014082115541795c.jpg

新しい家族募集の犬猫に運命の出逢いを見つけるため、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

質問いいですか?

これだけたくさんいると、火事や地震などの際の猫ちゃん達の緊急避難はどのようにされていますか?
出入り口開けてとりあえず勝手に逃げてもらう感じですか?
保護猫活動を見る度に手を差し伸べたい気持ちはあるんですが、どうしてもその緊急避難(場合によってはその後の避難生活も)の問題がクリアできず、多頭飼いに踏み切れません…。
なにかよい対策法などはありますか?
ちなみにマンションなので、他所の部屋の火災が一番心配です。

ご質問、ごもっともですね。

まず《出入り口開けてとりあえず勝手に逃げてもらう感じですか? 》と、これは、一番ありえません。火事でしななくても、交通事故で猫にも他人にも迷惑をかけますので。

地震対策は、物が倒れないように・・・そして火事も起こさないように。喫煙者はおりませんので漏電などおこらないよう、注意はしています。

ここ数年、どんどん温暖化で災害も変わってきたので、絶対はありえないし、ほんとうに対策は・・・ないですね。多頭の我が家は、緊急避難はすでに無理なので、緊急時は人に迷惑をかけずにすむよう、水やフードの備蓄くらいしか、対策はしておりません。地形的に、川の氾濫や土砂災害の、避難勧告などはない街中の住宅街ですので。

多頭崩壊に私自身がならないためには、自身の健康管理と、自分が看取れる年齢で保護活動はきっぱりやめることを決めています。

マンションの場合は、リュックタイプのキャリーや、カートなどで自身で運べる匹数と決めて、飼育されると安心だと思います。

無題

>多頭の我が家は、緊急避難はすでに無理なので

と言うことは、火災の際は、猫たちは置き去りもしくは猫たちと心中・・・のつもりなんですか?
せっかく救った命なのに、それはあんまりじゃないですか?
とりあえずいったん外に逃がして、安全を確保した後に、すぐ再保護してまわるんじゃダメなんですか?
その方がまだ助かる確率が高いように思うんですが。
火災って、自分がどんなに気を付けてても起こるときは起こりますよ。延焼火災や放火。
あなたのような無理な多頭飼い保護活動を見るたびに、無責任だなと思うし、猫たちが心配になります。
保護活動を公開して支援してもらうのなら、いざという時の避難計画について、最低限の説明はきちんと公表するべきじゃないですか?

えっと・・・・
通りすがりさんは日頃からこのブログをきちんと読まれてますか?
TAMAさんからのあなたへのお返事コメントもきちんと読んで理解されてますか?

›多頭の我が家は、緊急避難はすでに無理なので、緊急時は人に迷惑をかけずにすむよう、水やフードの備蓄くらいしか、対策はしておりません。

これは地震等の自然災害の場合は自宅にとどまって備蓄の水とフードでしのぐ・・・ということでしょう。
火災時なんていってないでしょ。
コメントをきちんと読まれていたら理解できるかと思うのですが。

火災についてなのですが。

›火災って、自分がどんなに気を付けてても起こるときは起こりますよ。延焼火災や放火。

これは、多頭飼育も単頭飼育もおなじじゃないですか?
留守にしてる際に延焼火災や放火が起きてしまえば為す術もない。

›保護猫活動を見る度に手を差し伸べたい気持ちはあるんですが、どうしてもその緊急避難(場合によってはその後の避難生活も)の問題がクリアできず、多頭飼いに踏み切れません…。
なにかよい対策法などはありますか?
ちなみにマンションなので、他所の部屋の火災が一番心配です。

・・・ということは、あなたは、『他所の部屋の火災が心配なマンションで1頭の犬か猫と暮らしてらっしゃる』わけで、犬猫を1頭でも飼っている以上、延焼火災や放火の心配があるので、どこへも行かないということですよね。

お仕事や学校、食料品等の買い出しはどうされているのですか?
外出しない生活なんて私には到底考えられませんが。。。。

火災にしろ、自然災害にしろ、あなたがおっしゃる、避難方法の、

›とりあえずいったん外に逃がして、安全を確保した後に、すぐ再保護してまわるんじゃダメなんですか?

これがどれだけ犬猫自身にも廻りにも迷惑がかかる行為かをご存じですか?
東北の震災でそうやって家族と離れた子達の何割が家族と再会出来てますか?
震災から今もなお、そういった子達を家に帰そうと、私財も自身の時間もを投げ打って努力し続けている方たちがいらっしゃるのをご存じですか?

家犬・家猫が家を放り出された時の不安と恐怖は、『すぐ再保護して回れる』程度のものではないんですよ。
あなたの言う避難方法は周りに迷惑をかける無責任極まりない行為です。


長くなりそうなので、一旦終わって次のコメントに続けます。



続きです。

›あなたのような無理な多頭飼い保護活動

これは何を見て、どこを指しておっしゃっていますか?
単に猫の数ですか?

TAMAさん達、行政から犬猫を引き出している方たちは、人柄、金銭面、衛生環境、保護頭数、動物たちの生活QOL、譲渡水準・・・・すべてを行政から承認され、許可を得てセンターから引き出しをしている方たちです。
福岡は特にセンターの基準は厳しいです。
どの条件が欠けても引き出し許可はおりません。
センターから引き出したくても断られる方たちはたくさんいます。

なので、TAMAさんたちは、『行政から認められた責任ある保護活動者』なんです。

通りすがりさんは、『1頭の動物』がご自身で責任持てる精一杯なのでしょ。
その『責任を持てる頭数』は各自違います。
犬猫のために使える時間・お金・動力、人それぞれです。
ご自身の『1頭だけ』の狭いものさしで他の方を測って『無理な多頭飼い保護活動』と決めつけるのはいかがなものかと。

あなたの決め付けや思い込み、読んでてものすごく気分が悪くなりました。
私と同じ思いの保護活動者はたくさんいると思いますよ。

あなたがすごーーーくご心配されているTAMA家の火災。

TAMAさんは全頭収容できる数のキャリーをお持ちです。
TAMAさんが在宅時に延焼火災や放火にあったとしたならば、彼女はご自身のものは一切持たず、ただ犬猫全頭を連れて家を出られるでしょう。

そして、家に戻れず避難することになっったとしても、全国の彼女を慕うメンバーが彼女の保護犬猫達を手分けして自身の保護犬猫として受け入れ、意思を継いで新しい家族探しを継続するでしょう。

そういう私も、緊急事態にはTAMA家の犬猫を受け入れる準備はいつでも出来ております。

それが、彼女が今まで地道に築き上げてきた信頼と実績です。
あなたが思っているようなことにはけしてなりませんのでご安心下さい。

ではでは、長文失礼いたしました。

すみません、最初に質問した者です。
勘違いされているようですが、通りすがりさんは私ではありません…。
私は、TAMAさんからの回答で十分納得しました。

カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR