ペット多頭飼育、絶えぬトラブル 鳴き声、飼い主入院で引き取り

↑このタイトル、2014/05/31付 西日本新聞夕刊の記事のタイトルです。

読まれてない方のため,リンクを貼ろうと思いましたが,リンクは時間がたつと消える場合もあるので、追記の部分に全文転載しますね。みられてない方は,どうぞご覧になってください。




201405310014_000.jpg


記事の中では『4月中旬までに51匹すべて引き取られた。』となっていますが、それは、センターからすべてが引き出された、ということであって、全頭幸せがつかめたわけではありません。

それぞれが、継続的に猫の保護活動や、TNR活動をしているレスキューメンバー宅で飼育されながら,本当に家族に迎えてくれる出逢いを探しています。

ラッチ君・えなり君・まるお君・のんちゃん・ブーフ君・くるみちゃん・うずらちゃん、運よく殺処分を免れた子たちですが、最終的に、ほんとうの家族が決まるまで、どうか、みなさん、応援してください。








さて、先日も記事にした、私が保護に関わっているのんちゃんと、まるおくんの近況です。またまた、可愛い写真がいっぱい届きましたよ~!!あっ。のんちゃんと、まるおくん、どちらも去勢済み男子です。のんちゃん・・・ですが、男の子・・・念のため!!



10351405_492530760891730_8067520210349157591_n.jpg
最近暑さのせいか気持ち的解放感のせいかヘソテンポーズ
主人が撮った写真はのんちゃんと思ってたら意外にもまるおくんでした!
一枚目がまるおくんで二枚目がのんちゃん

私見間違ってましたが(まるおくんがそんな心オープンにまだ出来ないと思いこんでましたから…)よくよくみたらまるおくん(o^^o)でした!
よしよーしって感じです♪


10309345_492530777558395_6455089628744331366_n.jpg
触れ合いって事で寝る時はのんまる一緒に寝て朝起きた娘は寝ぼけまなこでも近くにいるのんちゃんをハグします。
仲良しさ加減が伝わればいいな〜♥︎


か~~~わいい~~~~~!!!

なんて、素敵な写真!!!・・・と喜ぶ私に、また次々素敵な写真を送ってくださいました!!

預かりママさん、ありがとう~~~~!!!

10426921_492530817558391_1836652821956355480_n.jpg
ほ~~~っら!!なんて、可愛い!!

10404528_492530804225059_3170399522361570853_n.jpg
もいっちょ!どん!




抱っこはあまり得意ではないですが、触られるのは本当のんちゃん大好きです
寝る時に触ると腰砕けの様に寄りかかってとろけそうな感じ?です(笑)
のんちゃんが甘えてると便乗してまるおくんが寄って来ます


のんちゃんはおもちゃ好きで娘とおもちゃ遊びする時は目がランラン!
こちらが遊ぶ気なくてもシーツをひくのにシーツで遊びます



人が食事中はまったく感心ありません。
キャットブードのみですね〜
けどビニールと紙が好きで食べてしまいます
最近ちょっと酷いので嫌がるスプレーをしてみたいと思います。
でも食欲元気バッチリです♪



ねっ!ねっ!のんちゃん、まるおくん、可愛いでしょう~~~????
でも、ビニールと紙をたべるのはやめてね・・・

こんな2人と,幸せ家族になりたい方,大募集です。

あっ、かならず2人一緒のおうちへ迎えてくださる方前提です。


お問い合わせは、メールフォームよりお願いします。心から、お待ちしています








新しい家族募集の犬猫に運命の出逢いを見つけるため、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

ペット多頭飼育、絶えぬトラブル 鳴き声、飼い主入院で引き取り

鳴き声がうるさいなど、ペットの「多頭飼育」をめぐる近隣トラブルが絶えない。今年1月には、福岡市で60匹を超える猫を飼っていた30代男性が緊急入院し、市が特例で収容する事態も発生。動物愛護団体の尽力で殺処分されずに新たな飼い主に引き取られたが、「これは氷山の一角」(市生活衛生課)。周囲に迷惑を掛けない動物愛護はどうあるべきか。関係者は対策の必要性を訴える。
 松の内が明けたばかりの1月10日。福岡市東部動物愛護管理センターに一本の電話が掛かってきた。「1人では飼えない」。市内のマンションで猫61匹を飼っていた男性と同居している女性からだった。
 昨年9月に改正動物愛護管理法が施行され、自治体はペットの引き取りを拒否できるようになった。センターも一度は「新たな飼い主を探してほしい」と断るが、数日後に同じ女性から「やっぱり引き取って」。結局、捨てられた場合の周辺環境の悪影響を懸念し、特例での収容を決めた。
 通報の時点では61匹だったが、引き取る前に1匹が死に、9匹は新たな飼い主が見つかった。センターでは職員が部屋を改造し、51匹を収容。動物愛護団体と連携しながら新たな飼い主を探し、4月中旬までに51匹すべて引き取られた。
 そもそも、なぜこうした事態に陥ったのか。市によると、男性が飼い始めたときはペットショップで購入したアメリカンショートヘアと拾った野良猫2匹の計3匹だった。それから16年を経て61匹に繁殖。健康状態は良好でトイレのしつけもされていたが、不妊・去勢手術が施されていなかったという。通常、1歳前後で成猫になり、年に2~3回、一度に5~6匹を産めるようになる。野良猫の寿命は4~5年ほどなのに対し、栄養や衛生面で恵まれたペット猫は長くて20歳くらいまで生きる。繁殖を抑制して適正に飼育するには不妊・去勢手術が欠かせないが、雌の不妊に3万~4万円、雄の去勢で2万円前後かかる。費用面だけでなく「かわいそう」と敬遠する飼い主もいる。
 センターの井之上尚文所長は「かわいいので手放したくない、体にメスを入れさせたくないからといって安易にペットの数を増やせば、結果的に飼えなくなって殺処分に追いやってしまう。飼い主は自分の責任で最後まで面倒を見る覚悟を持ってほしい」と訴える。
 ●「不妊・去勢手術など責任持って」
 動物愛護団体「TNR-博多ねこ」の木本美香代表の話 「愛情よりもまず管理」「殺処分という選択肢はない」。これらはペットを飼う上で忘れてはいけないことだ。不妊・去勢手術もせず安易に増やし、飼えなくなったら自治体に持ち込んで他人任せで処分するのは無責任。家族や知人も、飼い主が育てられなくなったときのことを考えておく必要がある。1人暮らしの高齢者や年金受給者、生活保護世帯を担当する自治体職員にも周知してほしい。多頭飼育で相談してくる人のほとんどが「頼む人がいない」と言う。表面化したときには手が付けられないということにならないよう事前に手を打ち、受け皿をつくっておくのが動物福祉の今後の課題だ。
    ◇      ◇
 ●届け出制導入の自治体も
 自治体が犬や猫などペットの引き取りを求められた場合、原則、受け入れなければならない。ただし、昨年9月に改正動物愛護管理法が施行され、(1)業として営んでいる(2)繰り返し引き取りを求めてくる(3)不妊・去勢手術をしていない(4)高齢、病気が理由(5)飼育が困難と認められない-場合は拒否できるようになった。
 今回の福岡市のケースは(3)に該当する。収容に踏み切ったのは、数の多さと近所への悪影響を考慮したからで、あくまで特例。北九州市でも昨年12月、入院した飼い主の家族から相談があり、市動物愛護センターに数十匹の猫が引き取られた。
 多頭飼育では、鳴き声がうるさい▽庭や道路に排せつする▽ノミやダニが発生する▽毛が舞ってアレルギー反応を起こす-など、近隣からの苦情が絶えない。動物愛護管理法ではペットの飼育数の規制はないが、環境省によると、佐賀、滋賀、長野、山梨、茨城の5県が一定数以上を飼う場合に届け出を求めている。
 このうち佐賀県は2008年に導入。犬か猫を計6匹以上飼っている場合に適用している。今年3月末時点で98件の届け出があり、県職員が定期的に訪問して不妊・去勢手術を指導。住民の苦情を受けて訪問した飼い主が届け出をしていなければ、その場で手続きをしてもらう。再三の要請に応じなかったり、虚偽申請をしたりした飼い主には5万円以下の過料を科す。

=2014/05/31付 西日本新聞夕刊=

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは♪
多頭飼い崩壊も無くならないですね(。>д<)一日も早くみんなが幸せに暮らせますように☆

昨日ニュースで保健センターにいる猫達の渡譲会の模様をやってました。実際に触れたりして引き取りたいって出てきてる人達がいました。
これが全国的に広まってくれることを願います。

ブルーさん、多頭崩壊・・・まだこの記事書いた後にも、次々FBにでてきます。
センター収容だけでなく,友人の地域猫管理区域に大量捨て猫もあり・・・本当に,そんなことがあちこちでおこっていて、根本的なことをもっとやらなきゃ、何も変わらない・・・焼け石に水・・・って感じでむなしいです。ためいきしかでません・・・出来ること・・・小さいんですよね~、、、
カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR