センターオープンデーと、保護犬ラッキーのこと

先日、県の動物愛護センターの、第2回のセンターオープンデーがあった。

こちらは、センターHPでの、オープンデーの記事。

センターの中では、ドッグトレーナーや獣医師のセンター職員さんが、犬のしつけ教室で、犬との関係の作り方をレクチャーしたり、また、多くの展示物も用意してくださって、施設の見学も行われていた。



このセンターは、実際に殺処分も行われているところでもあり、日頃はなかなか、一般の方は来ることがない場所ですが、センターの業務は処分だけではなく、日々処分が少しでもなくなるよう、適正飼育の啓発や、再譲渡可能な犬猫の育成にも力を入れている場所。

この日の準備のための話し合いで、施設見学では、ぜひドリームボックス(殺処分器の呼び名です・・・)までではなく、焼却炉の灰まで、見てもらってほしい・・・と私はセンターの所長さんにお願いしていて・・・そして当日は、見学者の方に、私が望んだ、その最後の場所まで見て・・・知ってもらうことができた。


今回は、私は屋外のブースに居たので、見学には参加していないんですが、以前の写真を見てください・・・
img_14_20140523150518a3d.jpg
保健所に収容された犬猫のたぶん、半数近くは首輪をつけています・・・
首輪に鑑札さえついていれば・・・
迷子札さえついていれば・・・
マイクロチップが入っていれば・・・死ななくて済んだ子達の形見がこんなにたくさん。
これは、今現在の犬の収容・・・日々更新されています。首輪のついた犬、数えてみてください。

そして、収容された日に処分になるわけではなく、HPに情報が掲載され、飼い主が探し出せる時間が6日間ある。
だけど、そのうち帰ってくるだろう・・・そのうち・・・と、探さない飼い主のなんと多いことか・・・特に猫。



私たちはいつも、自分たちが世話できる数の、ごく一部の犬猫を、殺処分の手前で、引き出しをしていますが、それはほんとうに、焼け石に水・・・そんな数字で。

だから、安易に飼わない事・・・飼うなら責任持って、適正な飼育をし、最後に天寿を全うするまで愛しぬくこと。

増やさない、捨てない、迷子にしない・・・そのことを繰り返し、繰り返し伝える活動をしています。
CIMG8743.jpg


もう数年同じことを繰り返し,色々なイベントでパネルやポスターで展示しながらしゃべり、自分たちが譲渡する家族には,確実に伝えるようにしてきたけど・・・追いつかない。




今回のオープンデーも,そんな活動のひとつ。
天気のよい行楽日和で,来場者数は伸びなかった気はしますが、何名かの卒業犬の飼い主さんや、またFBで交流のある方々も,尋ねてくださった。
CIMG8741.jpg
卒業犬の、ソル。久しぶりだねぇ~~~。覚えてくれてたようで,嬉しかったよ!!

10270675_1480244518873790_7106301074150378285_n.jpg
そして、ドッグトレーナーで,動物関係の専門学校の先生もされているKさんファミリーも、子供さんと保護犬ラッキーと一緒に来てくれました。

ラッキーは,放浪犬だったそうです。スクールの生徒犬のご家族が保護され,その後先生が引き受け、そのまま、もう半年くらい居るそうです。

最初は骨皮でダニが山ほどついていて,落ち着きもなく,吠え,他の犬との社会性もなく,それはそれは大変な犬だったそうですが、半年の先生のスクール滞在で,すっかりいい子になって、まさに、今が新しい家族と出会う旬な感じのラッキーくん!!ちなみに、拾ってもらえてよかったね・・・の、ラッキーだそうなので、今度は,もう一度本当の家族が出来てよかったね!のラッキーになろう。



10345079_540575679386705_320359655_n.jpg
カットしたての、ふわっふわ、つやっつやのラッキー。手触り的に、たぶん、シュナウザーのMIXじゃないかとおもいます。
シュナと和犬かな。サイズは,12~13キロ。柴犬くらい。
年齢は,6~8歳くらい。落ち着いていて,健康で,去勢もワクチンも済んでいます。

10374325_540575619386711_843083604_n.jpg
子供さんにもフレンドリーで,お尻のこの辺りを撫で撫ですると、足踏みしてダンスする陽気な子。

10357994_540575572720049_1055564960_n.jpg
子供さんがリードを持っていても,引きずり倒すようなこともなく、また先生と子供さんが施設見学に行かれているとき、初めてあった私がリードを持っていても,とても友好的でした。


若い犬ではありませんが、落ち着いていて、まだまだ活発な散歩やアウトドアも一緒に楽しめるラッキーを、家族に迎えてくださる方はいらっしゃいませんか?

犬の好き嫌いはあるようなので、先住わんちゃんがいるお家は,相性次第ですが、保護主さんはトレーナーさんなので、一緒に見ていただいて検討いただけますよ~!!

10370683_540575806053359_132280763_n.jpg
見上げる目が優しいねぇ~~~~!!!

捨てられて放浪しているときの写真もみせてもらいました・・・しょぼしょぼで・・・収容されていたら、たぶん、引き出しはしなかったと・・・わたしなら・・・おもってしまい・・・保護して、そのままケアして、新しい家族を探してくださっていることを,本当に嬉しく思います。さぁ、これから、赤い糸探し、がんばるよ~~~!!!





こうして、ラッキーを保護してくれたK先生も,実家が近いのに,ココに来たのは,今回が初めてだといわれていました。


施設を案内で、処分機やガス室、焼却炉、遺骨まで見学させてもらい、職員さんの「ほぼ毎日、処分機は稼働してます…」
という言葉を聞いて、とても重く受け止められています。

飼い主の自覚、動物の繁殖能力・サイクルの期間、動物業界からの啓発 色々な角度から世の中変わって行けばいいなと。
不妊手術、去勢手術の必要性、 ストレスの軽減、望まない出産、病気のリスク減等

私にも伝えれるはず!!

そう、強く思った一日になったそうです。

専門学校の生徒さんたちは,今後,動物関係の業界に携わる人材・・・どうか、伝えてください。




こうして、一人の参加者,来場者の方から、無限大の人へ、発信していくこと・・・

それが啓発で,センターオープンデーの意義だとおもいます。


次回は10月18日(土)に開催予定だそうです。多くの方の来場をお待ちしています♪















新しい家族募集の犬猫に運命の出逢いを見つけるため、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

こんばんは。私なら直接見えないかもしれません。あまりに辛すぎる現実です。悲しいですね。
そのなかでも保護されてイキイキしてる動物達をみると本当に嬉しくなります★

先日殺処分についての記事が新聞に載っておりそれについての意見を投稿しましたところ今日新聞に載りました。『悲しい動物殺処分、責任持って飼おう』というタイトルで、少しでも多くの人が殺処分の悲しさと動物を飼うことの責任を理解してくれたらと思っています。

ブルーさん、この頃テレビや新聞でも、少しずつ取り上げられる機会が増えましたよね。それに投稿されたのが、載ったのですね!おめでとう。
知ること、伝えること,誰かと一緒に考えること,とても大切です。こうして記事に感想をいただけることもとても嬉しいです。いつもありがとう!
カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR