すごいぞ、ボーちゃん!!

8月9日に、下半身不随で炎天下保護され、命をつないだボーちゃん

立てないのに・・・歩けないのに・・・骨折は無い。やせこけて、背骨もごつごつで、太ももの筋肉がまったくなかったボーちゃん

CA3F0028.jpg

1週間ステロイド治療をした後、わたしなりに、リハビリを始めてみました。


CA3F0023_20120830150436.jpg

すでに、こんな風に両足を伸ばして、部屋の中は下半身を引きずって器用に前足だけで移動する。

こうなると、もうその歩き方に慣れちゃって、足が動かないままになっちゃう・・・

それ・・・愛犬ジェーンで経験したんだぁ~。



CA3F0072.jpg

ジェーンにとっても、楽な姿勢はボーちゃんと同じく後ろ足は投げ出した横座りだった・・・

だから、私は、おなかの下に手を入れて、無理やり足裏を床につけて、腰を上からゆっくり押さえ、中腰の姿勢をとらせる強制ヒンズースクワットを、毎日毎日適度な時間やった。



CA3F0969_20120830150846.jpg

筋トレは、ジェーンにとっては不愉快な作業、苦痛な時間で、ずっとう~~う~~~唸られながら。。。

でも、きっともう一度歩けるよ・・・がんばれ~~~~えらいねぇ~すごいねぇ~と、言葉はかけながらも手は緩めない、スパルタなリハビリを続けた。





そして少し後ろ足に筋肉がついたジェーンは、少しずつ下半身を持ち上げるようになった




CA3F0034_20120830151021.jpg

ジェーンは、自分の足で立ち上がり、歩き始めた。




だから、もっと体が軽く骨折も無いボーちゃんは、ジェーンより簡単に筋肉がつけられるはず。なんだか、私には、根拠の無い自信が最初からあった
CA3F0103.jpg

ボーちゃんのリハビリメニューは、手で介助しながら、足裏をつけて歩かせること。

それと、座ってるときには、足先に美味しい物を塗って、それを舐めるために必死でひざを曲げさせること。



最初ダラーんとしてて、動かなかった膝、足首、足先は、美味しい物を舐めるためぷるぷるぷるぷる動き始めた。


そうやって神経を刺激して、関節を固めちゃわないこと・・・・それと同時に、介助して歩かせること。






CA3F0109_20120830151520.jpg
保護から20日間、うちのディとも仲良くなった。

CA3F0156.jpg
同じ茶トラのもん太とも、仲良くなった・・・。

CA3F0294_20120830151648.jpg
ディやもん太と楽しく遊ぶのを気分転換に、わたしのスパルタリハビリメニューにも、必死で答えてくれた。





CA3F0298_20120830151756.jpg

見てください!!2枚目の写真の食事風景とは姿勢が違うでしょう?

足の裏をついています。足首も膝も曲がっている・・・・ゆっくりなら立ち上がれるし、何歩かなら歩けるよ。



CA3F0285_20120830151936.jpg

よたよたしながら、トイレの枠も乗り越える事が出来る・・・出来るときもある・・・・

足が引っかかり転んで、間に合わずにそのままおしっこをしちゃうときもある・・・・



でも毎日毎日ボーちゃんは進化しています!!


きっと、もっとしっかり歩けるようになる!!見ててくださいね。












そして、事故で足を切断して入院している梅ちゃん。

入院1ヶ月を超えて、とても元気になりました。

CA3F0204_20120830152400.jpg

適切な治療と・・・それだけでなく細やかな愛情で、あれだけシャーシャー言ってた野良っこが、なつっこい可愛い猫になりました。


CA3F0214_20120830152524.jpg

梅ちゃんも、切断していないほうの足は動き始めてた・・・傷が治ったら退院してリハビリだね。


兄弟のぽるとも待ってるよ(待たずに譲渡がんばらなきゃだけど)


そう・・・ぽるとは、家族みつけなきゃいけない!!

梅ちゃんのほうは、退院後は家族が決まっています。しあわせになるよ~。。。

CA3F0211_20120830152636.jpg

梅ちゃんの退院まであと少し。先生あと少しの間、梅ちゃんをよろしくお願いします!!


















そして、もういっぴき。。。
大きな傷を負ってるのに。。。それでも、人を信じている子。1241405551_132.jpg

先日の譲渡会の朝、会場の駐車場に遺棄されていた片耳がない子猫

私がつれて帰る・・・すぐにそう決めたのですが、その日は譲渡会の勉強会講師だった動物病院の先生が、そのままつれて帰ってくださり、その後、友人が自宅で保護をしてくれることになりました。


1241437367_206.jpg

~以下は、この子を保護してくれた友人の日記より、転載です。~

19日、メイトム譲渡会場の駐車場にキャリーに入れられて遺棄され、警備員さんが保護してくれた黒猫のおとこの子です。
 片耳は削がれ、尻尾は切られ、身体の側面はトリモチがべったり、身体中に切り傷がありました。虐待と思われます。



 ワープロで書かれた紙が入っていて、「16日に衰弱していた所を保護して病院にも連れて行ったが、もう育てられないのでよろしくお願いします」という諭旨が書かれていました。

 もし、発見が遅れていたら、熱中症や交通事故で命の危険もある状態でした。せめて、置き去りではなく、手渡しで事情を説明してもらい、今後の事を一緒に考えたかったと思います。  当日の獣医講座の講師であるK動物病院の先生が、この子を連れて帰ってくださり様子をみてくださることになりました。月曜に面会に行くと思いのほか元気なので、私が引き取ってきました。
 
生後3ヶ月(?)
体重 800グラム
耳は、縫われて完全に塞がっています。尻尾の傷はぐちゃぐちゃなのでもしかしたら、切断するかもしれません。 
トリモチは病院で、サラダ油と合成洗剤で洗浄してもらいかなりとれました。 耳が無いためか、バランスが悪く、身体が傾いています。そのせいか、口がほとんど開きません。現在はAD缶を皿から舐めるようにたべています。

が、食欲は旺盛で、一日に6回ほど、食べてます。

身体が痛いのか、水曜までは横になる事ができず、座ることしかできませんでしたが、今はケージの段にも上れて、横になりながらリラックスするようになりました。
 性格は花マルで、人が大好きで、顔をまっすぐに見つめてきます。
 手を出すとゴロゴロスリスリです。

 名前はベルちゃんとしました。

この子は2度捨てられたのですが、悪い運はここまで。

これからは良いことばかりの猫生を過ごせるよう努力します。





Mさん、ベルちゃん、梅ちゃんも、ボーちゃんも、みんな少しずつ少しずつ元気になって、幸せになろうね!!
来週にでも、会いに行くね。


























迷子保護ボーちゃん、飼い主様まだみつかりません。今日もリハビリがんばっています!!
ポーちゃん
詳しいボーちゃん保護の経緯はこちらよりご覧ください。

家族の元へ帰る日まで・・・
nyankohouse_bn_s_20120308002225.jpg
福島原発20キロ圏内の猫たちのレスキューをしているにゃんこはうすを応援しています。
みなさん、是非上記ブログを見てみてね。遠くはなれた九州からでも、被災地の猫たちのために、出来ることが必ずあります!!

新しい家族募集の犬猫に運命の出逢いを見つけるため、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ボーちゃん、すごい!!
毎日頑張ってるんだ!!
そして献身的なTAMAさんも、すごいっ!!

こういう記事を拝見してると、いざそういうことになった時、諦めず前向きに考えることが出来ます。

嬉しい記事の後半は。。。
またショックを受けました。。
なんで、こんな小さい子に惨いことが出来るのか。。
痛かったろう。。怖かったろう。。。犯人が同じ目に遭えばいいと思います。

うちも、黒猫がいるから、重ねて見ちゃいますね(T_T)

早く元気になって
美味しいご飯を味わえますように。
たくさん、たくさん幸せになろう!!!

No title

ボーちゃんすごい!
TAMAさんもすごい!
自分で動けるようにボーちゃんもがんばってるんですね。
生きる力って素晴らしいと思います。

そして、ベルちゃんのこと。
涙が出てしまいます。
なんでこんなことするんだろう・・・。
悲しくなってしまいました。
でも、ベルちゃんにもきっとステキな未来が待っている!
元気になってこれからの猫生を楽しんでほしいな。

今日、まつこを連れて動物病院に行ってきました。
かかりつけの先生がまつこの顎を心配してくれてます。
これからどうするか検討中ですー。
レントゲン役に立ちました!
ありがとうございます♪

追伸

ツイッターでこの記事紹介させていただきましたー。

No title

ボーちゃん、なぜ立てないんでしょう?でも、リハビリのおかげでココまで出来るようになったんですね。凄い!リハビリされてるTAMAさんも凄い!!

ベルちゃん、虐待でしょうか・・人間は、どうしてこんなことしてしまうのでしょう!?怒りが込み上げてきますね。これから、楽しい猫生を送れるように赤い糸を掴み取れ~♪

我が家のハル、去勢手術しましたよ~相変わらず、ヤンチャしてますけど。

娘(小4)と先日、24時間テレビを観てて「未来」がテーマで「将来の夢は?」と聞いたら「獣医」って答えたんです。「獣医?動物看護師?」なんでしょうけど、すっごく嬉しい答えでした。「この夢が叶ってくれたらいいなぁ♪」と思う、私です。動物病院・動物愛護センターなど、動物と関わり命を救ってほしいですね。

がんばれぼーちゃん!

うちの子が飽きてしまったオモチャがぼーちゃんのリハビリのお役に立ててとても嬉しいです。人なつこく可愛いぼーちゃん、それから黒猫のチビッコちゃん。。どこでどうしてこんなひどいことになったのか・・・茶トラの性格の良さ(ヒトの=猫の良さ?)、黒猫の甘えっ子気質を失わず、人間を信じてくれて健気にがんばっている姿を見て救われる気がしました。ありがとうございます。また、本日のUKCジャパンさんのイベントお疲れ様でした! 私もにゃんだー写真展に向け、(心の中でひょえ〜っと叫びつつ・・)がんばります!

No title

こんにちは。
はじめまして。

訪問履歴から飛んできました。

そして、今回の記事を見て、いろんな意味で涙が出てしまって、思わずコメントさせていただこうと・・・。

ボーちゃん、それからジェーンちゃん。
本当に、良く頑張りました!!
そして、nightheizoさんもです。
本当に、頭が下がります。

もう、猫がトイレをしている写真で、涙ぐむとは思ってませんでした(笑

これからも、ちょっとずつ、一歩一歩、頑張ってくれることを願っています。

それから梅ちゃん。
可愛い子ちゃんですね^-^
手術の経過はいかがでしょうか?
もうご家族が決まっているとのことで、安心しました。
いっぱいいっぱい、愛して愛されて幸せに暮らすことを祈っています。

そして、ベルちゃん・・・。

うまく、言葉が出てこないのですが・・。
生きててくれて、ありがとうって、心から思います・・。
すごくつらい目にあったのに、まだ、ひとを信じてくれているなんて、奇跡です。
愛、そのものです。
天使の化身かもしれません。

ベルちゃんに、こんなひどいことをした人間を許すことは出来ませんが・・。
ベルちゃんは、きっときっと幸せになるって信じます。
本当に、可愛いお目目の子ですね。
早く、傷が癒えますように・・。

No title

neneさん、こんにちは!返信おそくてごめんなさい>みなさま
ボーちゃん、更に進化を続けていますよ~。今度は動画をお見せします。ベルちゃんも、頑張っています。ひどい状態で保護された子も、もう保護された時点で、すでに可愛そうな子じゃない。頑張れる、生きられる可能性を掴んだから。元気なのに、可能性を摘まれる子たちに、心が痛いですね・・・被災地の子も同じ。救いを待ってる子達。

ひえぽんさん、まつこも、最初は酷かったけど、引き出した後はどん底から上を見るのみ。そしてうちを卒業できて、更に手をかけていただけて、本当にうれしい。みんな幸せになる権利がある。どの子も、いっぴきでも・・・出来る限りがんばります。みんなの応援があってからこそです。

kiyokoさん、ハルちゃんを迎えて、ハルちゃんとの生活の中で、娘さんの心に確実に命の重みや優しさが育っていますね!!素敵ですね、娘さんが大人になるころに、もっともっと命に優しい社会になるように。私たち大人も出来ることをしたいですね。

ミス・ブランチさん、先日はイベントにもお越しくださって、にゃんだーガード隊長さまにもご紹介くださってありがとうございました。この子達のように、人の手で危うく命を落としそうになった子も、災害の後忘れ去られた子達も・・・人がした過ちは、人が頑張って正すしかないですもんね。被災地のこともみんなで気持ちを合わせながら、どのグループとか関係なく、遠方の私たちは頑張ってくださってる方々を応援していきたいですね。これからもよろしくおねがいします。

momeさま、コメントありがとうございます。こちらも、伺いながら読み逃げですみません。くぅさんの<天使たちの居場所>より、そちらへ伺いました。ボーちゃん、うめちゃん、ベルちゃんやジェーンも応援してくださってうれしいです。足切断の梅ちゃんは、もうすぐ退院で、新しい家族の元へ行きます。ベルちゃんもずいぶん元気になったそうですよ~!動物は強い・・・素晴らしい。でもそんな強い、素晴らしい子達にも、2年目の被災地で生き延びるのはどんどん状況も悪化し、本当にかわいそう過ぎる・・・ここから何が出来るか、何も出来ないのか、いろいろ考えてもなかなか進まないから、出来ることからはじめていきます。また、そちらのブログへもお伺いします。これからもよろしくお願いします。

No title

すごいですね、どの子も生きる本能に満ち溢れていて、なんだか涙が出そうになりました。
ここまで、動物に愛情を注げるなんて、これが本物の動物愛護だって考えさせられました!

最後の黒ネコちゃん、ほんとひどい。。。
でもこんな目に遭わせたけだものは(人間じゃないですね、ここまでくると)おそらく同じ目に遭ってるはずです。
先日、ネットの情報なので本当かどうか知りませんが、こげんたちゃん事件の犯人に関する情報を見つけて読んでいると、犯人はその後自宅アパートで爆発物を作っていて、誤まって爆発して大けがをしたそうです。これが本当だったら、きちんと自分のした事の罰が下って、よく分ったか、と言いたいところです。

こうやって必死で命をつないでいる子がいる一方で、毎日センターでは何匹もの犬猫がガス殺されてるなんて、不条理もいいとこですよね。

No title

ミャオーンさん、コメントありがとう。
どの子も本当に素晴らしく輝いてますよ~!次回はその後の3匹もおみせします。

ベルちゃんはあきらかに虐待・・・そういえば、今日広島で、虐待死遺棄で男が警察に逮捕されました。見守りたいのは今後です。極刑望みますが・・・
カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR