被災地のこと、知ってください。

img_54366_30915127_0.jpg

震災直後より被災地に入って、多くの犬猫のレスキューをつづけ、今も湘南につくったシェルターで、飼い主の元へ戻ることができない多くの犬猫を保護している社)UKC JAPAN





わたしが社)UKC JAPANのことを知ったのは、実は震災よりも1年前の3月のことです。

私たちが、犬猫の保護活動をしているのは、在住の福岡県なのですが、その地元である福岡の、直方市で起きた『無許可無登録の繁殖者』の『繁殖場崩壊』でした。
事件は警察も介入しており、60頭もの犬たちが行き場をなくし、処分されるかもしれない事態。

それも犬たちは、私たち一般ボランティアが保護して、譲渡するには難しい、大型犬・・・世間一般に言われる、闘犬種、猟犬種が多く、罪もない犬たちが無責任な飼育者のために、命を落とすかもしれない・・・そんな事件でした。

ただ心を痛めるしかなすすべがなく、事態を見守る中、テレビのニュースに写ったのは、遠く離れた京都から、犬たちを救うためにトラックや自家用車で駆けつけてくれたUKC JAPANのタッズ父、タッズ母や、タッズファミリーのかたがたの姿でした。

ニュースで知って遅ればせながら、地元のボランティアとして、現場レスキューに参加させてもらった私たちは、てきぱき持参した金網やコンパネで仮設犬舎を組み立てていく寡黙なタッズ父の姿に惚れ惚れしながら、私たちにできること・・・現場の犬たちのシャンプーや固体識別の記録作り、一部小型犬を引き受けての、福岡での譲渡活動などを、ご一緒させていただきました。

そのときのUKC JAPANの北九州緊急レスキューの記事はこちらです。(写真のどこかに、きちゃない格好の私や、ライアンママが居ます。)



この事件で出会った私たちは、タッズ父、タッズ母の『命と向き合うひたむきな姿』に、ひきつけられ、その後も交流を続けていました。


そんなタッズ父とタッズ母が、被災地へ向かったのは、震災から2日後のことでした。

同じように、被災地の人々や、残された犬猫のことがとても心配な私たちでしたが、社)UKC JAPANのように、直接の行動を起こすこともできず、その日からずっと、物資支援や、こちらの譲渡会会場でUKCのレスキューのパネル展示をして、募金や支援物資を集めて送るくらいしかできない日々でした。




震災直後、私たちのレスキュー仲間や周りの人々の目も、多く被災地へ向いており、物資支援のほかにも何かできることはないか・・・そう模索しておりましたが、日にちがたつにつれ、九州のメディアからは被災地の状況が流れることはなくなり、また、目の前にある命を救うことが最優先の、レスキュー現場の方々からも、現場の写真や状況の報告を細かく発信することは難しい状況であり、私たち遠方の人間には、実情をしる手段がほとんど失われた状態でした。



震災からもうすぐ1年半が過ぎようとしている今、今もなお、被災地には飼い主を失い、待っている命が生き続けていること・・・レスキューされて、飼い主様が判明した犬猫も、飼い主様自体の生活環境が、また犬猫と暮らせる状況には無く、帰る目処もつかないままシェルターで暮らし続けていること・・・



今回、福岡市の中心部、天神のアクロスホールを会場に、原発20キロ圏内のレスキュー現場の映像と、タッズ母自身の言葉で、九州の私たちに現状を伝えていただける、そんな機会を設けることができました。レスキューに関心がある方だけでなく、被災地の小さな命に気持ちを向けてくださるすべての方に、お越しいただけたら・・・と思います。

東日本大震災チャリティー
~UKCジャパンアニマルレスキュー支援~
『被災地のいま、シェルターのこれから』


2012年9月2日(日曜日)
11:00~14:00(会場10:30)

福岡市天神 アクロス福岡イベントホール
入場料1000円
(皆様からいただく入場料は、会場経費を除くすべてが、社)UKCジャパンのレスキュー資金へ支援金として送ります。後日明細は報告させていただきます)


社)UKC JAPANのブログのほうにも、タッズ母からのイベントのお知らせが載っています、当日は、質疑応答の時間も取れると思いますので、皆様、ふるってご参加くださいませ。


会場でお待ちしています!!









また、下記の写真展は、私たちが主催するものではないのですが、社)UKC JAPANと同じく、被災地のレスキューを続けておられる、社)福島にゃんだーガードさんの、福岡写真展のお知らせです。
0816.jpg
この写真展も、福岡より、福島のにゃんだーガードさんのシェルターへ、ボランティアに行かれている竹下さんという方が、企画されています。

にゃんだーガード写真展主催者さまのブログは、こちらです。
写真展に関しての、お問い合わせは、ブログかポスターにある電話番号より、直接竹下様あてにお願いします。











そして、わたしも・・・・

いつもこのブログの記事の最後に載せている、南相馬のにゃんこはうすさんの写真展を福岡で開催したいと思っています。
o015001501314015065879.jpg

岡山の写真展に伺ったときの記事はこちら。

一度にいくつものことを同時進行できない不器用な私たちですので、こちらはまた、準備を進めつつご報告いたします。




まずは、現状を知ることから・・・現場で命と向き合う方々と、実際に会って声を聞くことから、はじめてみませんか・・・???



最後に、今回のアクロスのイベントをお誘いしたある方からいただいたお手紙を、許可を取って掲載させていただきます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

毎日暑い日が続いておりますが、お元気で活発に動き回っていらっしゃることと思います。

先日は、お誘いの電話をありがとうございました。

9月2日には懐かしい人々にも会えるかもしれないと、とても楽しみにしておりました。

ところが本当に申し訳ないことに、行くのが難しくなってしまい、残念で残念でたまりません。

~中略~

大震災の後の立ち入り禁止区域の中の、牛犬猫たちはどうなっているのか・・・と気になっていたのですが、

今はテレビでもぜんぜん放映がありません。

私も自分が何ができるのか知りたいと思っていましたが、毎日ずるずると生活に追われています。

お手間をおかけして申し訳ありませんが、同封いたしましたお金は、入場料および寄付金として

処置をよろしくお願いします。本当に本当に申し訳なく残念です。

また何か機会がありましたら、私のことも忘れないで、お声をおかけくださいね。

よろしくお願い申し上げます。

では残暑厳しき折、お体に気をつけておすごしください。



                Y.M


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

メールで万事がすんでしまうようなこの時代に、現金書留に同封された優しい文字に、心が温かくなりました。

何が自分にできるかわからない・・・だけど・・・だけど何かできるかもしれない・・・・




そんな方々に、これから、UKCジャパン、にゃんだーガード、にゃんこはうすの人々が向き合っている、今も救いを待っている命たちのこと・・・知っていただけたらと思います。

私も私のレスキュー仲間も、実際には被災地に行っておらず、本当の現実は知りません・・・だから、皆さんと一緒にこれからずっと、知るための努力をしていきたいと思っています。





















迷子保護ボーちゃん、飼い主様まだみつかりません。今日もリハビリがんばっています!!
ポーちゃん
詳しいボーちゃん保護の経緯はこちらよりご覧ください。

家族の元へ帰る日まで・・・
nyankohouse_bn_s_20120308002225.jpg
福島原発20キロ圏内の猫たちのレスキューをしているにゃんこはうすを応援しています。
みなさん、是非上記ブログを見てみてね。遠くはなれた九州からでも、被災地の猫たちのために、出来ることが必ずあります!!

新しい家族募集の犬猫に運命の出逢いを見つけるため、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村


























スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログにコピーさせていただきました。

私も参加したいのですが、息子の体調やその日の状態次第でどうなるかわからなくて。

その日、その日で状態が変わる息子なので頑張っておられるみなさんになにも協力できずにすみません。

多くの方に参加してもらえるよう情報の拡散や声かけをしています。

たくさんの方が参加してくださいますように。

シェアしたよ~

No title

夏美ちゃんママ、ライアンママ、ありがとう!

いよいよあと2日。準備はらはらですが、これはほんのスタート。

みんなの心が、同じ日本なのに、忘れられたような場所で生きている命たちに向いたら、そこからがはじまりですね。
カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR