来週末は、岡山で『にゃんこはうす写真展』です

20120603205718d19_20120716004535.jpg



東日本大震災から1年4ヶ月が過ぎました。遠い福岡から、何ができるだろう・・・大震災前より親交が深い、タッズ父母のUKC JAPANさんへの物資支援は、当初からずっと続けていましたが、実際のレスキューには参加するすべもなく、一向に終わりが見えない救護に心を痛めるだけの日々でした。

今年に入って、くぅさんのブログで、にゃんこはうすの存在を知り、私にもできることがある・・・と、福島原発20K圏内からレスキューされたネコたちの受け入れを、最初2匹から、スタートしました。
春以降、こちらも子猫ラッシュになり、今も保健所収容の命の期限がある子のレスキューも続いており、にゃんこはうすの子達を次々受け入れることはできませんが、その時々できるサポートを、続けていこうと思っています。






保護猫がたくさんいて、受け入れができない今の私にできることは・・・


現実をしっかりこの目で見て・・・現地に行った方々の話を聞いて、伝えること・・・・







今回の写真展会場を準備されたのは、岡山のボランティアさんで、去年実際に現地入りされたちゃんた&ゆかいな仲間たち~わんにゃん組~さんです。

ちゃんたさんのところでは、23匹の被災地からの猫が、幸せをつかんだそうです!!





以下は、ちゃんたさんのブログより、コピーさせていただきました↓
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~





岡山では もぅすっかり過去の事になり 終った。ものとなっている 昨年3月11日の震災。


本当に終っていますか?


知らないだけではないですか?


知ろうとしないだけではないですか?


私自身も 昨年11月に福島を訪れてから 現地の今を 自身の目では見ていません。

けれど 被災地の猫の受け入れで 知り合ったボランティア(にゃんこはうすレスキュー班)は 

私たちが忘れている。。見て見ぬ振りをしている 現実と戦っています。



福島原発20㎞圏内の人が立ち入れない場所。

marimo02.jpg




人の居なくなった その地では かつて 人の元で愛され暮らしていた 

小さな 小さな命たちが 野生動物と戦いながら 

愛する家族 抱いてくれる暖かい手が迎えに来てくれる事をを待っています。





寒い冬を どうにか生き延び。。。 過酷な夏を迎えます。。。
P4222226.jpg



目を背けないで 懸命に生きている 待っている 命。

野生ではなく ペット。。 家族の一員だった 命の今を知ってください。


我が家にも 被災地から迎えた猫が居ます。

どうやって あなたは生き抜いてこれたの。。。。と思う 無防備な子です。


縁あって 岡山では23匹(トライ中も含む)が 新しい家族を見つけました。

その子たちも 本当に人が大好きで とても 野生動物と戦って 勝てるような子たちではありません。







待っている命。 それを救おうと休日を潰して 体力の続く限り頑張っているにゃんこはうすレスキュー班。

救い出され 再び 幸せを取り戻した子達の今。





過去の事ではありません。


『今』を、知ってください。



レスキュー班の撮った昨年から現在の写真。 

レスキューに同行したプロカメラマン 中川こうじサンの写真。

岡山で再び幸せにしている子達の写真を展示します。



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


ちゃんたさん、東京開催には行くことができませんでした。
岡山で企画してくださって、感謝しています。
私は21日に伺います!!





最後に、にゃんこはうす出身で、福岡で幸せになっている『まりも』の写真をご覧ください。

marimo00.jpg



marimo03.jpg



marimo07.jpg



marimo08.jpg














家族の元へ帰る日まで・・・
nyankohouse_bn_s_20120308002225.jpg
福島原発20キロ圏内の猫たちのレスキューをしているにゃんこはうすを応援しています。
みなさん、是非上記ブログを見てみてね。遠くはなれた九州からでも、被災地の猫たちのために、出来ることが必ずあります!!

新しい家族募集の犬猫に運命の出逢いを見つけるため、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村








スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

忘れてはならない大切なこと。忘れてはならない命のこと。
だけど月日が経ったり、違うことが目の前に訪れると、つい忘れがちになってしまう。

こうやって写真展をいろんなところで開催していただいて、今一度
待ってる命に目を向けてほしいですね。

私は行けませんが、いつかTAMAさんの報告にふれられたら嬉しいです。

私は何ができるんだろうか。今一度考えてみなくてはと思いました。

No title

追伸。

このブログを私のヤフーブログにコピーさせていただきました。

ひとりでも多くの方の目にとまりますように。

No title

夏美ちゃんママ、写真展広報ありがとうございます。

わたしも、感じてること、考えてることの何分の一もうまく伝えられない。。。

身近なこの福岡にも、たくさんの待っている命、救えない命がある。。。命の選択をしてる・・・それでも、被災地の子達のため、頑張っている人たちがいること・・・待っている命があること・・・つたえたい・・・

自分に何ができるか真剣に考えたい・・・
カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR