2度と繰り返さないために・・・亡くなった王子と飼い主さんと私からのご報告

昨日、速報を書いていましたように、王子は飼い主さんの元へ、無言の帰宅をしました。

飼い主さんにも了承を取り、同じ過ちが起きないように、事実をお伝えしようと思います。




王子が住んでいた場所は、ペット可マンションの高層階。

夜(早朝)のうちにベランダの窓が開いており、王子が居ない・・・と連絡を受けたとき、私が現地につくより前に、飼い主さんは大家さんにも連絡し、空室になっている隣室も見てもらって、《そこにはいない》との返事をもらっていました。


王子の遺体が見つかったのは、その一番最初に見てもらった、人がすんでいない空室の室内の洗濯機の中でした。


どうして、無人の部屋に入ったのかは、飼い主さんと私の想像になりますが、たぶん入居予定者が居られたため、天気が良かった13日、きっと不動産やさんが、空気の入れ替えにどこか小窓をあけていたのでしょう。

そこから入り込んだ王子は、置いたままになっていた洗濯機に入って、弾みでふたが閉まった・・・・



大家さんが見たときには、まだ入っておらずベランダか他の場所に隠れていて、時間差で入ったか、またすでに洗濯機に入っていたのに気づかなかったか・・・




まさか、思いも寄らない場所・・・きっと探さないと思います。ドアを開けて、呼んだり覗いたりして、物音がしなければ洗面所の中の洗濯機の中なんて、探さないでしょう・・・


飼い主さんと私は、たくさんのチラシを作り、近隣の店舗やマンション、ポスティングだけでなく、手配りもたくさんしました。きっと人懐っこい王子のこと・・・情報をたくさん出すことで、誰かの目に留まる・・・そう思っていました。

このブログを見てくれた方や、レスキューの仲間たちも、何人も何回も探しに行ってくれました。飼い主さん自身も深夜、早朝、昼間と何度も何度も歩き回り、捜索していました。
探し続けることで、あきらめないことで、きっとたどりつけると思っていたんです。

迷子札もマイクロチップも入れていた王子。まさかと思いながら、交通事故の遺体を処理される業者さんにも、私は連絡を入れており、王子の交通事故の知らせは入らず、きっと生きていると、生きてまた出会えると信じていました。



もちろん、脱走されてしまったことが原因ですが、こんな経験は他の方にも多くあると思います。私にだってあります。愛猫も、保護猫も。どんなに気をつけていたって、何かの小さなきっかけで、小さな盲点を突かれ、逃げるはずの無い場所から逃げることはあります。

探して探して見つかったのは、運が良かっただけです。



今回、一番最初に探した空室の隣の室内で遺体が見つかった。。。という悔やんでも悔やみきれない事実は、王子にとっても最悪の結果でしたが、飼い主さんにも大家さんにも私にも本当に残念でたまらないこと・・・

昔空き地に捨てられた冷蔵庫に子供がかくれんぼをして出られなくなった・・・そんな事件があったと思うのですが・・・一度起こるとそれは気をつけられることかもしれないけど、起こらなければ、予測もされないし気づきもしないこともあります。






★★皆様から、たくさんのコメントを頂き、メールフォームでのメッセージもいただきました。コメントの中で、のんさまのご指摘のように、今回のようなことがもしもおきたとき、心ならずも脱走されてしまったときの、捜索のための、大切なことを、追記します。(のんさまのコメントより、抜粋・追加)


猫の脱走は本能的なことなので、そのための対策は本当に大切ですが、どんなに細心の注意を払っていても、万が一脱走された場合こともあらかじめ考えておかないといけない、ということを、今回改めておしえられました。

猫はいくら飼い猫だからといっても、犬のように飼い主が呼べば必ず返事をするというものではありません。
また、猫は驚いた時や怖がっている時はフリーズすることがよくあります。
そういう時には飼い主さん来てくれても、低い声で唸るか全く声も出さずに身を潜めてじっとしていることだってあるはずです。


もしも脱走された時は、まずは近くをとことん探すべきです。

入れなさそうな所こそ、何度も何度も探されるのが良いと思います。


家の中でも何でこんなところに?っていうところに入り込んでいたり、側を通っても気づかなかったなんていうこともあると思います。
本当に怖がっていたら、覗いても呼んでも物音なんてさせないこともあります。

猫はとても本能的な生き物です。
そういうことを理解して捜索をしなくてはいけないと思います。













失踪して5日目の昼、台風で大荒れになる前に、大好きな飼い主さんの元へ無言の帰宅をした王子。日付が昨日から今日に変わる深夜零時に、移動火葬車で飼い主さん家族やご友人の涙に見守られ、天国へ行きました。





どんなに悔やんでも、もう、王子は帰ってこないので、どうか、飼い主さんや私と同じ悲しみ、苦しみを味わう人がいないように・・・・


もう一度、脱走対策に盲点はないか・・・みなさま、ご自分の周りをご確認ください。




本当に悔やんでも悔やんでも悔やみきれない悲しい別れでしたが・・・・飼い主さんとの生活は、王子にとって、とても楽しく毎日愛に満ちていたことが、せめてもの救いです。








家族の元へ帰る日まで・・・
nyankohouse_bn_s_20120308002225.jpg
福島原発20キロ圏内の猫たちのレスキューをしているにゃんこはうすを応援しています。
みなさん、是非上記ブログを見てみてね。遠くはなれた九州からでも、被災地の猫たちのために、出来ることが必ずあります!!

新しい家族募集の犬猫に運命の出逢いを見つけるため、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

初めてコメントします。以前からブログのぞかせていただいておりました。
王子くんが正式譲渡になる少し前に、私も王子君と同じ茶トラ白ネコ♂の里親になりました。なので、王子の記事のこと、覚えています。
やっとつかんだ幸せだったのに・・・。こんな悲しい結末になってしまい、本当に残念です。

こんな形で王子とお別れすることになった飼い主様、王子の正式譲渡までに携わってこられたTAMA様とお仲間の方々、そしてママさんのすぐ近くで温かいお家を思っていたであろう王子のことを思うと、本当に、本当に胸が締め付けられます。

TAMA様も、飼い主様も、今回の件をこのように記事にして形に残されるのは本当にお辛いことだったろうと存じます。
でも、この記事を読んで、我が家の脱走対策について再度考えさせられました。里親になって3か月、順調だと気持ちの緩みもあった私にとって、愛する家族との生活を見つめなおす大切な機会となりました。

今回の件、情報共有していただいて、本当にありがとうございます。
王子、、、どうか安らかに。

No title

悲しすぎる出来事ですね。
そんなに近くにいたのに、会えないまま亡くなってしまったなんて・・・。
それぞれの気持ちを思うと、言葉もありません。

うちの脱走防止ネットも、ネオンがよじ登ることが多くなって、補強しなくちゃなと思っていた矢先でした。
すぐに補強します。
他にも盲点がないか、改めて点検します。

No title

私のブログにもたくさんの方が応援コメントを残してくださったり、記事を
転載してくださったりしていました。

みんなの願いが叶いませんでしたが、この結果をみなさんに報告させていただくと同時に、今一度身の回りを点検、注意してもらうように呼びかけもさせてもらいました。

王子くんのこと、飼い主様やTAMAさんの、仲間のみなさんのことを
想うと胸がはりさけそうになります。

王子くん...

幸せになっていたのに...
それでよかったのに...

キミはまだ,何かを伝えたかったの?

そのために,神さまが
こっちに送ってくれた命だったの?

キミの命は,キミだけのものじゃなく
たくさんのネコや人のためだったの?

たとえそんな大切な使命があったのだとしても...

キミの,ただただ幸せそうな顔を,
いつまでもいつまでも見ていたかったんだよ。

王子くんの命は,終わっていないよね。
こっちにいる私たちが,
キミの命を,いつまでもいつまでも
輝かせるよ。

だから,もう安心してね。
幸せに包まれていてね。いつまでも...

No title

はじめまして。
他のブログで今回の件を拝見して、こちらのサイトにおじゃましました。
どうか早く見つかるようにと祈っていたので本当に残念で、可哀想でなりません。

2度と繰り返さないために…というタイトルでしたので、私が少し気になった事を書かせて頂きます。
ここでは今回の教訓として脱走対策ということに言及されていますが、私は捜索の仕方も考えないといけないのだと思います。
猫の脱走は本能的なことなので、確実に防ぐことは大変だと思います。
細心の注意を払っていても、万が一脱走された場合ことも考えておかないといけないと思います。

猫はいくら飼い猫だからといっても犬のように飼い主が呼べば必ず返事をするというものではありません。
また、猫は驚いた時や怖がっている時はフリーズすることがよくあります。
そういう時には飼い主さん来てくれても、低い声で唸るか全く声も出さずに身を潜めてじっとしていることだってあるはずです。

今回の件、最初にお隣の部屋に入られたのは大家さんだけだったようですが、怖くて隠れてしまっている事を想定して自ら探させてもらうべきだったと思います。
すぐにその部屋に行かれたということはそこに逃げている可能性が高いと思われる場所だったのでしょう。
それならどうして無理を言ってでもくまなく探されなかったのでしょう。

既にお考えになられている事だとは思いますし、責めるような書き方になってしまいますが、もしこのような事を2度と繰り返さないために…ということで記事にされているのなら、今後同じ事が起こった場合に役立つようにしないといけないと思います。
もしも脱走された時は、まずは近くをとことん探すべきです。
入れなさそうな所こそ何度も何度も探されるのが良いと思います。
家の中でも何でこんなところに?っていうところに入り込んでいたり、側を通っても気づかなかったなんていうこともあると思います。
本当に怖がっていたら、覗いても呼んでも物音なんてさせないですよ。
猫はとても本能的な生き物です。
そういうことを理解して捜索をしなくてはいけないと思います。

王子くんが亡くなるまでの間、狭い場所で心細く怯えて過ごしていたのかと思うと居たたまれない気持ちになります。
飼い主さんやお世話をされた方の悲しみも大きいかと思いますが、やはり王子くんの事を思うとどうしようもなく可哀想で仕方がありません。
脱走を100%食い止めるべく対策をされることは一番でしょうが、それだけではダメです。
すぐに見つけてあげられたはずなのに…それが一番悔やまれます。
私が言うまでもないかもしれませんが、どうぞ教訓になさって下さい。
私も色々と考えさせて頂きました。

失礼や言い過ぎと感じられる部分があったもしれませんが、小さな尊い命を大切に考えている者の言葉だと思ってご容赦頂ければ幸いです。

No title

14日のお昼に少しだけ回ってみました、とても暑い日でした。
「無事に見つかる」と信じてただけに、残念です。
今回のことは、偶然がたくさん悪い方に、悪い方に、ころがったのだと思います
飼い主さん 自分を責めないでくださいね。
「おうちゃん」君の命を無駄にしないように今回のこと伝えますね。

出して出して、とどれ程鳴いたんだろう。こんなことってない。
可哀想すぎる

No title

一番最初に探した場所にいたなんて・・・悔やんでも悔やみきれないと思います。

私も仕事から帰り、買い物袋を手に玄関のカギを開け、玄関扉を開いた瞬間に愛猫が飛び出し猛ダッシュでどこに行ったのか見えなくなったことがあります。

毎日毎日、朝と夜、仕事以外の時間はその子が大好きな缶詰の底を叩きながら名前を呼びながら耳を集中させて歩き回った事を思い出しました。部屋にいるときも窓を開けて、その子の声を聞けたら・・・と少しでも猫の声が聞こえたら(聞こえた気がしたら)家を飛び出して・・・

一週間くらい経って、旦那のエンジン音を聞いた愛猫は叫びながら旦那の後を追い、家の台所にいた私はあけておいた窓から聞こえる愛猫の声にすぐさま玄関を開け、飛び出そうとしたところに愛猫自ら家の中に入り、無事を確認することが出来た事を思い出しました。

大昔、まだ子供のころに飼っていた猫は家出したまま結局帰ってこないままです。
事故に合っていなかったとしても、もう寿命でこの世を去っているだろうとは思いますが、未だ悔やんだままです。。。

なので、首輪には迷子札を付けてるのですが、字が薄くなってきたので、新しく買い直さなきゃなぁと思っていたのに、どこかで大丈夫と思っていたところもあり、まだ買ってなかったので今日買って新しく付けてあげました。

同じ過ちを繰り返さないために、また気を引き締めさせられました。
ありがとうございます。

家の洗濯機にも蓋をあけたままにしておくと、遊んで入ってることがあるので、今度から必ず閉めるようにします!

どんな形であれ、早く見つけて欲しかったから、最後に出会うことが出来たんだろうと思えてなりません・・・

未だ、家出したあの子に会えない私は会えない辛さが分かるので、本当に見つかってよかったです。

どうか、ご自分を責め過ぎず、前を向いてくださいね。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

前回記事を読ませていただいて、絶対に王子君は見つかるって信じていました・・・
こんな悲しい結末になるなんて。
飼い主さんはおつらいでしょうね、自分のせいだって思っていらっしゃることでしょう。
いっぱい泣いて、そして王子君の運命を受け止めてあげれるようになれれば幸いです。

No title

かしみやさま、コメントありがとうございます。どんな形で記事にして懺悔しようと、王子は戻ってこないし、私や飼い主さんの過ちはもう取り戻せませんが、少しでもひとつでも、見てくださった方と愛犬愛猫とのもしも対策を見直すきっかけ・・・になればと・・・


Mariさんちの玄関や窓のネットは、すごく参考になるものです。あのときより、体が大きくなって、また知恵も更にあがったであろうネオンのための再対策、よろしくおねがいします。


夏美ちゃんママ、いつも情報だけでなく、いろいろな想いも共有してくれて、はげましてくれて・・・感謝しています。


ひろこさん、・・・王子、ほんとうに・・・幸せなままで、ずっとやさしいママとラブラブでいてほしかったです。うちでも、まるにゃんさんちでも、たくさんの子に張り合って、『僕だけを見てぇ~!』と訴えかける子でした。だから、トライアルのその日から、べったりママだけの子になって、幸せいっぱいだった・・・・悔しいです。

No title

のんさま、おっしゃるとおりですね。脱走対策・・・だけではなく、探し方の注意点大切ですね。
後ほど、文章より抜粋熟考させていただき、文章内にも追記します。

もちろん、責めるような書き方だとか、言い過ぎだとか、想いもしません。すべて、猫のことをよくご存知の方の、とても適切なアドバイスであると思います。

書かれている内容、近くから探す・・・そのとおりで、私もマンション内から出ていないことを最初想定して、話をしましたが、よくマンション外観を見ると、ベランダに出てしまえば、手すりや互い違いの窓のひさし伝いに、下へ降りることも、上へ上がることも可能なつくりだと思われました。なので、マンション内だけにこだわらず、近場から捜査を広げてしまいました。
どんなに後悔しても、失われた尊い命は戻ってきませんが、ずっと心に留めて同じ過ちを犯さないようにしなければならないと心から思います。とても、わかりやすい言葉で書いていただき、読む方もみんな参考になったと思います。ありがとうございました。


みとにゃんさん、14日回ってくださったのですね・・・多くの猫仲間が、王子の無事を祈り、いろいろ動いてくれました・・・こんな結果で本当に無念です。飼い主さんにも、優しい言葉をありがとうございました。



出して出して、とどれ程鳴いたんだろう。こんなことってない。
可哀想すぎる・・・と、名前なしで書かれている方・・・そのとおりです、かわいそう過ぎる・・・苦しんで亡くなった王子・・・そして、今一番苦しんでいるのは飼い主さんです。でもあえて、詳しく書くことを選択させていただきました。いろいろな意見がおありだとおもいます。もちろん感想も。







No title

お返事ありがとうございます。
コメントを受け取って頂けたこと嬉しく思います。
考えて書いたつもりでしたが、猫の気持ちに寄りすぎたあまり、同じ小さな命を愛する方に対して厳しすぎる言葉だったかもしれないと思っておりました。

個体差もあるとは思いますが、私は猫はとても臆病だと思います。
縄張りがある動物だからかもしれませんが、特に成猫であれば慣れない環境では凄く慎重に行動をすると思います。
脱走に成功したからといって意気揚々に大胆な行動をとることは少ないのではないでしょうか。
人から見れば脱走だったり、逃げ出したりという行動でも、猫にとってはちょっとした好奇心で成功はしたけど…これからどうしよう!という感じではないかと思います。
小さな物音にビクってなって逃げたり隠れたり。

特に家の中で大切にされてきた子たちは脱走をしても、意外にすぐ側に、ビクビクしながらうずくまってる…そういう事も予想して探された方がいいのではないかと思います。
必ずしもそうではないかもしれませんが、習性的にはそういう事もあるということを私は経験して感じて来ました。
王子くんの大切な命、多くの教訓としてたくさんの人の心に残ればいいですね。

命を選別しなければならないことは、とても辛く悲しい事です。
このような活動は気持ち的に大変だとは思いますが、私も微力ながら活動をされる方々を応援をしていきたいと思っています。

No title

お久しぶりでございます。
久しぶりにブログにお邪魔したんですが、王子君がこんなことになっていてビックリです。
悲しい事故ですね・・・
飼い主様の事を思うと本当に悲しく胸が張り裂けそうです。

王子君のご冥福をお祈りします。

No title

昨日はセンター引き出し(犬)もあったため、時間切れでした。つづきです。


あぃ☆さん、そうでしたね、いつか逃げ出しの相談受けたことあったね。あのとき、あきらめずに何日も探して、帰ってきたときうれしかったよね。ほんとに・・・運命の分かれ道・・・運がよかったです。運に頼らず愛猫を守りたいね。迷子札早速買いなおしてくれてありがとう。


かぎコメくださった方々、お心遣い感謝します。



のんさま、またまたこの部分、納得です!!
『脱走はしてみたけど、さてどうしよう。。。』ほんとに、そうですよね。どこかにいきたくて出ると言うより、退屈やいたずらで、出てしまったけど、さてどうしよう・・・あると思います。
王子は・・・県センター引き出し猫・・・もともと首輪つきで、去勢もすんでいた元飼い猫でした。収容時も脱走して(もしくは出入り自由の飼い猫)帰れなくなった子・・・扉を開けるのも得意な子でした。脱走対策がかなり必要で、私は戸建てよりもマンションを選択した経緯がありました・・・ほんとうに残念でなりません。



たぁーこさん・・・・・・・悲しすぎて、またまたCIGARさんに電話しておお泣きです・・・・・・凹みすぎて、傷心ダイエット中です。今まだ幸せ見つけにといけない子、いっぱいいるのに、怖くって・・・・。。。少しずつ、立ち直るつもりですが、、、。。。

No title

クロのぞみさん、とばしてた、ごめんなさい。
応援してくださったのに、こんな結末でごめんなさい。。。
私も捜索して生きて戻らなかった子は、初めての経験で、苦しんでいます・・・悲しみ言えることなんてないから、それなら、王子の死を無駄にしたくない・・・と思います。

のん様の、コメントに、探し方のヒントや大切なことがいっぱい書いてあるから、またそれもみんなに伝えたいと思っています。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR