ちいちゃんの家族を募集します。

20170519114843fff.jpg
ちいちゃんを保護してから、1ヶ月以上が過ぎました。
2.5キロしか無かった体重も、3キロを少し超えて、背骨も見えなくなってきました。

20170519115104d0b.jpg
本当に癒し系で、全く手がかからないちいちゃん。
室内では、サークルに入れていても、出してくれと要求ボエすることもなく、かと言って、サークルの扉を開けてあげると、嬉しそうに出てきて、部屋の中でいい子に過ごします。
トイレは、したくなったらちゃんとトイレトレーに行き、そこでします。正直、うちの愛犬たちの誰よりも、トイレで手間がかからない優等生。

お散歩も大好きで、トコトコ楽しそうに歩きます。

201705191156095fa.jpg
ちいちゃんの良いところは、トイレのしつけだけではありません。
他の犬や猫との社会性も抜群。そして、我がつよくもない為、うちの犬猫たちにも本当になんのストレスもかけずに、すっと溶け込むことができました。




★ちいちゃんの健康状態について。

推定12歳の未去勢オスです。
保護直後は、脱水も酷く、ずっと血便が続いていましたが、投薬と適切な食事の甲斐もあり、改善しています。
フィラリアは陰性だったので、月初めに予防薬を飲ませています。

痩せて居ることもあり、去勢手術は見合わせておりますが、足を上げてのマーキングもなく、しゃがんでおしっこもします。今後の健康状態を見て検討すればと思っています。現在心臓の雑音もなく、小型犬に多い膝の先天異常などもない為、お散歩も楽しむことができます。

まだ、痩せ過ぎのせいもあり血液検査の数値は、やや脱水を示すような数値ではありますが、腎臓や肝臓などの命の危険につながるような数値は一切なく、痩せ過ぎのおじいちゃん、という内容です。

又、腰にあるこぶも悪性のものでがなく、そのまま様子を見て良いそうです。

1ヶ月で500グラム以上増やすこともできたので、昨日は混合ワクチンを接種しました。

ちいちゃんは、手がかからない子ですが、やはりおじいちゃんだし、眼球は長年の炎症で、ドライアイ気味で目やにがよくでます。なので、目薬や、蒸しタオルなどで、目や目の周り、それにお口の周りを綺麗にしてあげることが必要です。口の中にはもう殆ど歯がなく、かわいそうに下顎も一部溶けて居るということで、これ以上治療をしてあげることができませんが、本人は気にすることもなく、美味しくいっぱいご飯を食べてくれます。




★ちいちゃんを託したいご家族への、私の希望


この子は、遠いところから空輸で福岡へやってきて、その後空白の2年間を過ごし、私の元へやってきました。
なので、新しい家族の方は、私が直接お伺いできる、近郊で見つけてあげたいのです。

推定12歳。現在はほぼ健康ではありますが、すでに目や歯は年齢以上の悪化で、今後は治療というよりも、これ以上悪くならずに、おだやかに愛情たっぷりの方の元で、話しかけたりブラッシングしてもらったりしながら、1日1日を笑顔いっぱいに過ごして欲しいのです。

あと数年しか、一緒に暮らせないかもしれませんが、ちいちゃんとの暮らしは、迎えてくださったご家族にとっても、素敵な日々にきっとなると思うのです。



★ちいちゃんの余生を、暖かい愛情で包んでくれる方を募集します。
福岡市近郊で、ペット可住宅にお住いの方。

★ご家族全員が、ちいちゃんの飼育に賛成してくださって、皆さんが責任を持って、絶対に迷子にせずに日々のお世話をしてくださる方。

★トリミングが必要な犬種です。健康状態の管理を含め、被毛の手入れも定期的に行える方。
このブログのちいちゃんのカテゴリーの保護直後の記事を見ていただき、決してあのような状態に戻らないよう、きちんとシャンプーやトリミングに出していただけることが、大切な条件です。

★そして、譲渡後は、時々写真付きで様子をお知らせくださる方。




ちいちゃんの赤い糸が繋がって居る、優しい方からのご連絡を、心待ちにしています。

お問い合わせは、メールフォームよりお願いします。猫用メールフォームですが、お聞きしたい内容は変わりませんので。
よろしくお願いします。
スポンサーサイト

脱皮

ちいちゃんは、とても静かで控えめな犬だった。
鳴くことも騒ぐこともなく、静かに私や他の犬猫を見つめてる。

だけどそれは、体にまとわりついた鎧のような不潔な毛皮が重すぎたせいもあったかもしれない。
20170427140027ab6.jpg
後ろ足の爪は巻き込んで肉球に突き刺さっていた。これでは元気に飛び跳ねたりできるはずもない。
痛かったね。犬の我慢強さには泣きそうになる。
201704271400472e5.jpg
薄い皮膚を傷つけないように、慎重にバリカンを進めていくトリマーJ君。

初めて彼に出会って、やはりボロボロで褥瘡に蛆虫まで湧いていたボーダーコリーのウェルをボラトリしてもらってから、もう2年になる。

その間多くの保護犬たちの変身を手がけてくれた彼が、あっさり言ったのは「今までで断トツ、酷いですね」
わぁ〜〜。そうなんだ。。。本当に辛かったね。



201704271408002ff.jpg
長い時間をかけて取り去った鎧は、ちいちゃんがあと2匹作れるほどの塊だった。


20170427140917b29.jpg
お風呂もね、本当にいい子。

20170427141000263.jpg
気持ちよくなったね〜。
いっこいっこ数えられる背骨。

201704271410541f4.jpg
わぁ〜可愛いお顔が出てきたよ。


20170427141154c82.jpg
ちいちゃんも、J君も、本当にお疲れ様〜〜❣️

脱皮完了。
さぁ、生まれ変わるよ。

再会〜もう一度幸せになろうね

20170427133459cf4.png
このシーズーの情報が私の耳に入ってきたのは、実はこうして収容情報に掲載される前日の事でした。
マイクロチップのデータをもとに、センターから、そのデータの人物へ、連絡が入ったのです。



何とこの子は、今から2年前に、他県のボランティアさんから、福岡県の人へ譲渡されていた子だったのです。
きちんと誓約書類を交わしての譲渡だったそうですが、鑑札登録等の約束は守られる事なく、連絡が取れなくなったそうです。



その後この子とその人に何があったのかは、私は知らないし、今更関心もありませんが、マイクロチップのおかげで、再び生存が確認できた奇跡のようなお話。。。


シーズーちいちゃんは、元の保護主さんがつけ呼んでいた名前。ちいちゃんは覚えていました。
痩せ細って、ボロボロの毛皮が鎧のようにこびりついていたちいちゃん。
2017042713470031f.jpg



こんな姿でも、迎えに行った私に、ちぎれんばかりに尻尾を振った可愛いおじいちゃん。

2017042713483761d.jpg


20170427134824925.jpg


桜が満開のあにまるぽーとを4月11日出所です。

今度はセンター所有の鑑札もつけていただきました。





マイクロチップに守られて、私の元へやってきたちいちゃん。
空白の2年間は忘れて、しっかり健康になって、幸せになろうね。
カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR