FC2ブログ

ベリー

先週の今日、まさか1週間後にベリーがこの世にいないなんて、想像すらできなかった。
20180701172531894.jpg






日曜は、猫子堂譲渡相談会。次々収容される子猫たちを最大数保護してキャパも限界の私たち。
この日の譲渡会にもかけていた。
準備万端の前日深夜、愛犬ベリーのいきなりの発作。

早朝相方cigarさんに事情を伝え、猫共々どうしても行けない旨を伝える。

ベリーのこともよく知ってて愛してくれてる彼女は、二つ返事でベリー最優先でと。
ただ、希望者様多く来られるので、子猫たちは参加できないかといってくれて。

成猫カンタ君の預かりママのAさんに、病院の行きがけ、子猫のハリーとハニーを託して、私は仰け反り呼吸の荒いベリーを連れて水巻の行きつけ病院へ走った。



ベリーはレントゲンと血液検査で、いくつかの原因予測はついたが、どれも詳しい検査をしないと確定はできないし。
とにかく私は苦しそうな1秒に2回。1分120回もの過呼吸のベリーを酸素室、ICUに入れられた事で安堵し、きっと今回も乗り越えられると思った。




こうして入院させて、その足で猫子堂譲渡相談会へ向かった。
cigarさんとAさんに加わって、30分遅れくらいで加わって、希望者様と猫たちとのご縁つなぎに参加することができた。

20180701173427629.jpg

翌日月曜、朝から面会へ。
血液検査の異変や、過呼吸の様子から、病変は脳が疑われていて。



そう。特にブログには載せていませんでしたが、ベリーには2つの気になる腫瘍があり、去年末より半年以上、2週間ごとのサイズ計測をして、経過観察か摘出かずっと悩み相談し、その二つの腫瘍を無事摘出して、その病理の結果も出て、良性だという嬉しい検査結果を手にしたのが、つい最近のことだったのです。
高齢で心臓も悪いベリーのリスクを最大限に減らすため、全身麻酔はかけず、鎮静と局所麻酔で短時間に二つの不安部位を切除するという神業のような手術も成功し、予後もよく、病理検査の結果もよく、あとは日々大切に、4月に天寿を全うしたケニーのように、生きていこうね。そうできるね、って信じていた。



201807011747594c7.jpg

ベリーは入院の直前まで、食欲もそれ以外の行動も、まったくいつもとかわりなく。

20180701174757e64.jpg

もう1人のシニア、ローズの方がよほどよぼっよぼで。
腕にできた褥瘡を毎日消毒して、ご飯も強制給餌しないと食べなくなっていて。

それでも、ゆっくりゆっくり、生きようねって。
介護ができることが嬉しかった。



CTのベリーの画像には、脳腫瘍らしき病変が写っていた。
20180701175559c9a.jpg

もう、治療ができる場所ではなく、余命がとても短いだろうことは理解でき、少しでも早く家に連れて帰って、24時間介護して最後の時間を過ごすと決めた。


その間に、ベリーのことと、私がベリーのために全ての時間を使いたい事を伝えたのは、家族以外では本当に最小の、実際に予定変更等で迷惑をかけたりする人達のみ。
トライアル中の猫たちの希望者様にも。愛犬の病気でしばらく動けない旨を。

子猫たちも保護仲間が預かってくれたり、保護をそのまま引き受けてくれたり。
私とベリーの大切な時間を応援してくれた仲間の優しさに感謝しながら、木曜日退院に向けて、着々と準備を進めていた。


201807011807028ff.jpg
この写真は面会の時。
呼吸は落ち着いていて、頭を低くしないように毛布で顎乗せが作られていた。
帰ってからもこうして、一緒に添い寝しようね。そう思っていた。
20180701180700793.jpg
母も手を伸ばして、大事な大事なベリーの顎や口元を撫でて励まして。

迎えに来るからね。待っててね。
そうしっかり伝えて帰った。



木曜が退院なので、金曜の立花の授業には出れない。

もう時間がないから。私はずっとベリーのそばにいたい。

その事を、授業の相棒である徳久先生に伝えた。夏休み前最後の授業を休むことと、色々生徒のことで細かい連絡をしていた私に、ベリーちゃんのことだけ考えてあげてください。
こちらは安心して任せてくださいと。





木曜退院の時間も決めて、金曜の仕事も休んで、子猫たちの移動や介護のための準備も全て済ませた水曜夜、状態急変の連絡が。

深夜一緒に病院へ走ってくれたアニーと私だけしか、結局最後の生きているベリーに会うことはできなくて。

脳腫瘍からの指令はまるでPCの電源を切るように、ベリーの命をあっという間に強制終了させてしまって。







まだまだ一緒に居たかったし、いれるだろうとおもってた。

とは言っても、ベリーとの日々に後悔があるわけじゃないし、こんなに大切なベリーが、大きな痛みや苦しみがなく、すーーーーっと眠ったまま逝けて良かったと思ってる。




20180701183243d79.jpg

ベリーの葬儀は、家族だけで送らせてもらいました。

ベリーの可愛いふかふかの体や、白髪が増えてますます可愛くなった蝶々のような大好きな耳が、もうさわれなくなる苦しさや悲しみは、まだ言葉にしたり文字にしたり、できる気がしなくて。
もう泣いて泣いて泣くしかなくって。誰にも会えないと思った。
お知らせせずに火葬も終えたこと、どうぞ許してください。





それともうひとつ。
ベリーが駆け足で旅立った直後に、ローズの状態もとても落ちてて。
もう続いて逝きそうなそんな様子で。

もうたまらない!!
連続で葬儀なんて勘弁してよーーーーーー。と、泣き虫母ちゃんはローズを全力延命介護中です。
ベリーのためにたくさん買ってた高級シニアフードで現在復活の兆し。

20180701184629f3b.jpg



そして介護のために学校休んだ金曜、その日は実は火葬の日で。



徳久先生が生徒たちに伝えてくれてて、小さな壺の中に入ったベリーと一緒に帰宅した玄関には、生徒たちからの追悼の手紙が。。。。


20180701184931062.jpg

綺麗な虹。

優しいメッセージに可愛いイラスト。






悲しまないで元気を出してください。の言葉に、もう我慢できずに涙腺崩壊。







幸せだったかな、ベリーの14歳と10ヶ月。

今もこれからも、ずっとずっと愛してる。
スポンサーサイト

愛犬通信

20180212233626b83.jpg
私の大大大好きな愛娘ベリーの笑顔。
14歳と半年。人の年齢に直せば、私の年を追い抜いてしまったね。

月に2回の通院で、老いやいろいろな病気と向き合ってる。

戦うと言うより、向き合うって言葉があってるね。私も一緒に老いにも病気にも寄り添わせてね。




まだまだ、頑張るよ。
一緒にね。







Facebookでは、過去のこの日ってのが出てくるんだけど、去年の今頃は、まだうちにきて日が浅かったローズとケニー。チームヨボヨボ。ますます、ヨボヨボに磨きがかかって、介護の手もかかるけど、そこが又愛おしいよ。


201802122336301a4.jpg
この2人はきっと、人なら90歳か100歳くらいじゃないかな。
正確な年齢はわからないけどね。




2018021223362439b.jpg
けっこう広いキッチンなのに、何故かわざわざ、椅子の下に潜って挟まってしまうケニー。




2018021223362442f.jpg
ほぼ23時間40分くらいは寝たきりの、オムツのローズ






20180212233623be6.jpg
ローズがケニーの背中に乗ってるよ。
笑わせてくれるね。もう。。。なんて可愛い子たち。




このシニアチームの他に、若手の2人も、気づけば7歳と6歳。
2018021223362719d.jpg

2018021223362941d.jpg
バッキーもあかねも、一度捨てられた子で、未だに色々なトラウマを抱えてる。

一緒に乗り越えていこうね、子供たち。

犬たちと向き合うことは、忍耐でもあり、自分のダメなところを写す鏡でもあり。
この子たちに、成長させてもらっています。




ベリー以外はみんな、我が家は2度目かもしくは3度目の家族です。


犬も猫も、子供の時から飼わなくったって、心も通って、親友に、家族になれますよ。






今、犬や猫と暮らしている皆さん、彼らはあなたを信じています。
どうかその命が、天寿が尽きるまで、そばにいて下さい。


犬や猫が、飼いたいなぁ〜と思っている皆さん、お金を出して買うほかに、各地の動物愛護センターや保健所や、ボランティアから家族を迎えると言う選択肢もある事を、どうか知ってください。


興味があってもわからないよ、って言う方。
検索して見てください。

あなたの住む県で。
犬や猫の里親募集、ボランティア、譲渡会。
出会いの機会、沢山用意されていますよ。


ひとやすみ

我が家の愛犬たち
一番若い子で6歳、上は15歳のシニアチームです。

21231568_965070386969470_6225587226353962070_n.jpg
この二人はどちらも、まだうちの家族に迎えて1年以内。共に高齢飼い主の飼育困難。
最後まで一緒にいる…その当たり前のことが守ってもらえずに、飼育放棄される犬猫の本当になんて多いことでしょう。
21272093_965038433639332_8049936620275319926_n.jpg
14歳の夏を乗り切ったベリーは、身体の内外に沢山の痛みを抱えている。
ずっと一緒に歩いてきた相棒だから、できる限りの治療や予防やリハビリや・・・この子のためなら何でもやる!!

21270899_965040256972483_1378031077284458556_n.jpg
21272274_965040236972485_5625936565868329842_n.jpg
あかねとバッキーには、いつも我慢させてるね。ほんとはもっともっと、自由に甘えて、いろんなところに行きたいだろうなぁ~。

病院行きやリハビリが必要な、老犬ライフ中心についついなっちゃてるね、反省!
この秋は、バッキー&あかね連れて、ドッグランにも行こう。

愛犬、愛猫、人間家族も私も、みんな含めてシニア期突入なので、無理せず立ち止まって、振り返りながら、ぼちぼち頑張っていきます。

そんな中、犬や猫の投薬ルーティーンは、もう本当に頭の体操!!
順序や方法や、間隔も難しくてやりがいがあって面白い。色々考えて、効率よくできた時には、スカッとするし、そして効果が見えた時には、ホントにものすごく嬉しい。投薬の他、点滴や排尿排便の補助も。
できなかったことができるようになると、とても嬉しい。

暑すぎた夏、辛かったねぇ~~~~。散歩があまりできなかった分太っちゃったり。
気軽に庭でトイレどうぞ、と言えなかった分、私の毎日はトイレ掃除やオムツ替えの重労働な日々だった。
でも、みんなよく乗り越えてくれました。

さぁ、いい季節がやってくるね。
いっぱい歩こうね、健康になろう。

うちの猫たちにも保護猫たちにも、冷房じゃなく外の風が気持ちよい季節。
募集組は冬までには、新しいお膝みつけようね。頑張ろう!!

イクメンみみすけ

我が家の自慢の愛猫の一人、みみすけ。名前のとおりオス
画像 102

今年も、うずら、しまじろうに始まり,次々来る子猫たちのお世話を一手に引き受ける

画像 099

このひまわりなんて、たぶん野良の子で、とっても臆病で、しゃーしゃー言ってたから、みみすけがいたのでずいぶんこころほぐしてもらったよ。

画像 104

こころだけでなく、毛並みもほぐす!皮膚が、オイルまみれでかぴかぴだったのだけど、固まったところ、咥えてカチカチむしりとってしまったよ~~~。ちょっとやりすぎ感の、みみすけさん、、、禿げちゃった、ひまわり。

去年のブログ記事でも、一昨年のブログ記事でも、みみすけは子猫をいっぱい抱いてるし、うちの立派な保護スタッフです♪


画像 151
この顔!!もう、おかあさんみたいですよね。子猫安心して身を任せてるし。


画像 110
子猫のゴハンも横取りするので、つやつやぷりぷりのみみすけさん。
可愛いイクメン、いつもたすかってるよ~~~!!!






☆保護っ子たちの医療費のために、オリジナル絵本を販売中です。詳しくはブログ記事をご覧ください。
絵本に込める想い・2
IMG_2984_2016051112093431bs_20160524135525ebb.jpg


多くの猫たちが,新しい家族との出逢いを待っています。
NEKOKODO【猫子堂】です。どうぞよろしくお願いします。

10489912_587405201378645_3279000114069486276_n_20140729132818171_2014082115541795c_2015070311205778c.jpg



新しい家族募集の犬猫に運命の出逢いを見つけるため、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





きらりんの毛なら・・・

喉に詰まって死んでも良いって、父ちゃんが言ってるよ。
長生きしてね。きらりん
画像 238

13654366_728402577302920_1443491681361934410_n.jpg


私と父ちゃんが、溺愛しているきらりんの目の奥の腫瘍が,めきめき大きくなったのは6月だった。

だんだんゴハンも食べられなくなって、もう、あまりがんばりすぎなくていいよ・・・・
なんてことを、つい、言ってしまったけど、奇跡のきらりんは復活を遂げた!!!

この記事の後半に書いたように、腫瘍は自壊した本当に、猫の力は計り知れない!!
今までも、医学では証明できないような復活を何度も見てきた。

13603678_722495824560262_1336363110820885843_o.jpg
このときは、自壊直前で、もう体重は1キロだいになり、まったく食べれなくなってたのだけど
13700097_729819733827871_2014210080963561255_n.jpg
その後めきめき食欲は復活して、今はまた2キロ台にもどったよ。すごいねきらりん

画像 233
元気なあくび・・・歯があまりないきらりん。2013年保護時には、子猫かと思ってたけど、実はすでに小柄なおばあちゃん猫だったね。
画像 240
とってもとっても、可愛くって可愛くって、私たちだけでなく友人たちにも愛されてるきらりん
また、少し眼球はれてきたけど,何度でも何度でも奇跡を起こすよ!がんばろうね
13903304_736955223114322_6280252009113896729_n.jpg



きらりんの保護時の記事頭は、熱湯か薬品で、酷い状態でした。
だけど、今、生きてる可愛いきらりん。

保護してたさきちゃんが付けてくれた名前、きらりんがほんとに似合ってる!!
もっともっと輝くよ。

今日、またきらりんも、みんなも守ってくれそうな、素敵な宝物が増えました。
里香さん、綾さん、ありがとう~~~~!!大事にするね。
IMG_6860.jpg







☆保護っ子たちの医療費のために、オリジナル絵本を販売中です。詳しくはブログ記事をご覧ください。
絵本に込める想い・2
IMG_2984_2016051112093431bs_20160524135525ebb.jpg


多くの猫たちが,新しい家族との出逢いを待っています。
NEKOKODO【猫子堂】です。どうぞよろしくお願いします。

10489912_587405201378645_3279000114069486276_n_20140729132818171_2014082115541795c_2015070311205778c.jpg



新しい家族募集の犬猫に運命の出逢いを見つけるため、ブログランキングに参加しています。
クリックしていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 猫ブログ 猫犬 多頭飼いへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ
にほんブログ村





カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR