親子猫の名前をつけていただきました

14日に土曜日に保護した長毛美人のママ猫と4人の子供たち、すくすく育って居ます。
20180424004929c31.jpg
保護した地区の猫好きご近所さんが、見たこともない猫ですって言われたので、捨てられたばかりの元家猫だと・・・・・お母さん猫の事予測してるのですが。

今のところ、とても強い母性がゆえに、近づくと低く唸り声が聞こえ、撫でることはできません。


まぁいいよ、子供達すくすく育ってるんだもん。
もう、四六時中しっかり授乳して居ます。
この子たちが居たお庭の主Wさんが、栄養たっぷりのロイカナムース届けてくれました。

そして同時に、ママ猫の名前もつけてもらいましたよ〜〜。


ママ猫ちゃん、麗子さんです。以下Wさんのメールより。⬇️

実は、すでにW家では親猫の名前は決まって居ました。麗子(レイコ)です!・・・はっきりそのまま、あの親猫が美麗だからです。

青い目とウエーブのかかった長毛。そしてあの魅力的な斜視。目の焦点が寄っているところです。

猫に関心のなかった私が、関心を持つほどですから・・・。


麗子さん、グッとハート💓掴んじゃって居ますね。




保護時に目が開いてる子といない子が居たことから、この4兄弟の誕生日は、4月初め。たぶん3日から5日の間だと予測して居ます。保護からちょうど10日経ったいま、子供達はお互いに蹴ったり噛んだりの取っ組み合いも始め、私がトイレ砂の交換をしたり、ケージの扉を開けてお世話しているときは、なんとなくもぞもぞ出て来たり、またヘソ天で寝て居たり、とのびのび過ごしているために、性別も判別がつきました。




20180424004931dd7.jpg
麗子さんがリフォームした段ボールの穴から、代わり番こに子供達が出てくるよ。
201804240049349b7.jpg
お母さんの麗子さん似の体色のシャム風は、2人とも女の子。

そして、グレーのハチワレさんも女の子でした。

カラスに咥えあげられて運良く助かったキジ白のハチワレさんだけが、男の子でした。



4チビの性別がわかったので、再びWさんに子供達の名付けをお願いいたしました。


20180424004928284.jpg

物置きとブロック塀の隙間で保護した子たち。


も・の・お・き を頭文字に、愛が溢れる仮名つけてもらったよ。



も・門次郎(もんじろう) キジ白
の・野々見(ののみ) 白足袋のベージュ
お・お千(おせん)シャム色
き・紀乃子(きのこ) グレーハチワレ



可愛い仮名が付いた4兄妹。

さぁ、今からあなた達の幸せな猫生スタートだよ。
まだまだ生後3週間。譲渡できる日はしばらく先ですが、幸せ探しの旅始まるよ〜〜。



頑張ろうね。応援お願いします❣️















スポンサーサイト

首輪の跡が消える頃には

全て忘れて、生まれ変わろう。

はぴねすのブログで、この子の保護のこと、先に書いてくれて居ます。私はブログに載せるどころでは無くて。




ナズナと一緒に私が引き受けたのですが、しばらく心配な日々を過ごして居ました。
水もご飯にも殆ど口をつけず、オシッコもウンチもせずに、唸り続けて居たから。





20180419011445c15.jpg

引き取る前に見せてもらった写真。真ん丸お目目で抱かれてる、とても可愛い黒猫男子。







ですが、飼い主宅から引き取って、去勢のために病院に預け、無事検査、ワクチン、去勢が済んだのですが、麻酔が冷めた瞬間から豹変し、獣医さんもさわれなくなったそうで。
そのままの状態で連れて帰りました。


20180419011459a3f.jpg




うちについてケージに入れても、唸って固まって。
201804190115122fa.jpg


首にはくっきり、首輪の跡が。
病院で外してもらった時、結束バンドでギチギチに縛られて居たそうです。
そして短いリードで、室内につながれて居た子。


この子は犬7〜8匹と猫数匹で飼われて居たそうですが、生活の状況が一変し、全頭飼育放棄。
人間の都合で簡単にゴミみたいに捨てられる犬猫たち。
キリがないねー。





20180419011533f1c.jpg


猫だって、心が傷つくんだよね。。。

何されたって平気なわけがない。





2018041901152314f.jpg

苦しい過去は忘れて、前の名前も捨てて、生まれ変わろう。




命名カンパチ。カンちゃん。

飛びっきりの幸せ掴もうね。

母性愛

ナズナと、もう1匹、飼育放棄の黒猫を受け入れた土曜日夕方、更に親子猫保護。


ずぶ濡れで子猫を抱く若い母猫。
20180418145846331.jpg

保護仲間Jazzさんの卒業犬の飼い主さんで、私もよく存じ上げてる優しい飼い主さんの庭で、目の前でカラスに咥えあげられた子猫と必死で取り戻した母猫がいると。
このまま、ずぶ濡れで子猫を抱いている母猫を、どうしてやればいいのか。。。
その方は母猫の上に段ボールで屋根を作ったりしながら、オロオロ佇んでおられました。
20180418145841beb.jpg




そこに猫が子供を産んでいることは、餌もやっていないし、その家の方には何の責任もない事ですが、保護犬を家族に迎え溺愛し、命の重みも儚さもわかっているそのご家族は、たまたま目にした親子を全力で守る事を選ばれました。

センターレスキューでさえ自分のキャパ守らなきゃ手を出せない私ですが、ただの丸投げでなく、一緒に頑張ってくださる方には全力で力をお貸しします。



子猫4匹は目が開いた直後。まだまだ授乳間隔は短いサイズ。
親が捕まらなければ寝られない日々突入。
一瞬迷ったけど、夕暮れ迫って風雨も強くなり始め、先に子猫4匹を保護して連れ帰りました。

20180418145847328.jpg
バケツにフリースを敷いて、子猫4匹を入れて助手席におき、家に向かいながら、あ〜ぁ、やっちまった。
今夜から寝不足で禁酒の日々の始まりだ。。。と思っていました。



しかし、家について子猫のミルクの準備をしていると、まさかの吉報が!

仕掛けて来た捕獲器に、母猫が入ってくれました。猫の神様ありがとう。
2018041814584882d.jpg

すぐに迎えに行きました。




先週まで、他の保護猫を隔離していた二階の空き部屋に、ひとまず小さめだけど、子育てに専念してもらうための段ボール箱入りのケージを設置しました。
そして先に、フリースに包まれたままの子猫たちを奥の段ボールにそっと入れました。


20180418145850e47.jpg
そして扉をあけて、前に持って来た捕獲器の戸もそっと持ち上げると、母猫は一瞬で子猫がいる段ボールに滑り込んで行きました。



2018041814584324d.jpg
母猫は子猫たちにずっとずっとお乳をあげ続けています。
そして快食快便。
何と、トイレできちんとオシッコもウンチもしてくれます。

何故か、フリースもタオルも、箱から押し出しちゃう母猫さん。段ボールのままがいいんかね。

20180418145844acd.jpg

子猫は4匹。お母さんみたいなカラーが2匹に、グレーハチワレと、キジ白。
全員美しいカラーで健康的に丸っとしています。


お母さん猫は、今のところ甘えるそぶりも、心を許す雰囲気も微塵もなく、子猫は渡さないわよ、とでも言いたげに無言で息を殺しています。
とても美しい長毛のお母さん、そっと見守るね、安心して子育てしてください。


あっ、美味しいものはせっせと運ぶから、子猫たちに沢山ミルクを飲ませてね。



もう少ししたら、子猫がちょろちょろし始めると思うから、そうなったら少しずつ、子猫も人馴れ訓練をしよう。
いまはもう、目は見え始めてるようで、覗くと小さな口を開けて、パッパッと威嚇の真似事もしています。
あ〜〜〜可愛いのなんの。






この少し前、3月は、地域の野良猫たちのTNRをせっせとやっていました。

毎年毎年、近所のどこかで出産するハチワレ母さんも。そう、ハチワレ母さんの子猫を何度も保護した。
でも、少し時期がずれるともう子猫も捕まえる事ができず、母さんの後をついて回り、そして車に轢かれて全滅するという悲しい連鎖をついに今年止める事ができた。嬉しい。

お外は決して猫にとって自由でも幸せでもない。過酷で残酷。




この子たちを救えてよかった。

全員幸せになれるまで、相談者のWさんと一緒に頑張ります。


また可愛い写真をお楽しみに〜❣️


三毛猫ナズナです。どうぞよろしくね❣️

くりちゃんに、抱かれて寝ていたんだね、痩せっぽちの可愛い子ちゃん。
20180415230848e66.jpg


この子は、7匹で捨てられました。。。そう、誰かの手で、7匹まとめて保健所に収容された。

ノミだらけで、ガリガリで。だけど、人を信じてる。

この子も、他の子たちもみんな、人が大好きだった。



次々続く収容で、私はキャパがいっぱいで7匹の収容の子達の誰1人救えなかった。

この子は犬チームのはぴねすが救ってくれた子。

⬆️はぴねすのブログ記事も是非ご覧ください。




私のキャパが空くまで、大切にケアしてくれました。

20180415230849bc4.jpg

はぴねすくりちゃんの愛情パワーをいっぱい注入されて我が家にやってきた子。

命のバトンはしっかり受け取ったからね。
こんな良い子なんだもん、絶対飛び切りの幸せに繋ぐから。安心してください。






20180415230842511.jpg

こうして14日の土曜日から、私の保護猫になったミケ猫さんは、ナズナちゃんと名付けました。

Facebookでいつも四季折々の植物の写真で心を癒してくれる同級生の命名。ナズナは雑草だけど、しっかり根っこを張って幸せをがっちり掴もう、って。そんな願いが込められたいい名前。





201804152308455cd.jpg

ナズナちゃん、スリゴロさんなの。とても可愛い。

右腕は茶色、左腕は黒い袖で、見飽きない面白いカラーリングです。






20180415230846cd0.jpg

目の周りは、ドロンジョ様だし。本当にとても個性的。




ナズナの、家族を募集しています。
22日の日曜日の、ねこのしっぽ譲渡相談会に初参加予定です。
赤い糸見つかるといいなぁ〜❣️





ナズナデータ。
推定誕生日は、2017年の秋。今6〜7ヶ月の若いメスです。
猫エイズ白血病マイナス、ワクチン、駆虫、避妊手術済み。

まだまだ痩せていますが、ふっくら成長すると個性派美人間違いなし。


控えめで他の猫ともうまくやれる子です。


2018041523084591d.jpg

キャリーを開けてすぐに、他の子と上手にご挨拶。
2018041523084314c.jpg

とても飼いやすい子だと思うので、猫飼育始めての方でも大丈夫。



出来れば、一緒に寝てくれる、優しいご家族を希望しています。


ナズナの赤い糸、皆様、どうぞ応援してくださいね。

僕の願い事

201804142326162ad.jpg
可愛い可愛いアンジェロ。

まるで君は、人間の子供。それも小学生レベルの賢さ。




20180414232619a48.jpg

尿路移設手術後、どうしてもお腹や足の毛が尿で汚れるから、2日か3日にいっぺん、お風呂で洗ってた。

猫は大体水もお湯も嫌いな子がほとんどよね。

忙しい時ついでのように義務的に洗うと、お母ちゃん、やめてーーーー、と抵抗。あっ、ごめんね、もっとそっと洗うね、って顔を見ながら繊細にやると、じーーーっと目をそらさずに、我慢するの。



20180414232621ea6.jpg


怖くてたまらなかったドライヤーさえ、もう我慢できるんだね。


20180414232626916.jpg



うん。だって僕は、ずっと保護部屋の猫で居たくはないんだもん。

いつか、僕を家族として愛して、撫でて、話しかけてくれる人と一緒に暮らしたいんだ。






アンジェロは、驚くほど人の言葉を理解する猫です。

そして、人も好きだけど、猫がとても好き。

空気が読める賢い子だから、大人猫たちみんなに、受け入れられて、愛されています。






アンジェロの去勢手術も終わりました。

お腹に移設した尿道口は、周りの毛をカットしていなかったら、残念ながらオシッコがついて汚れてしまいます。

週に2〜3回のシャンプーで、マァマァ清潔は保てますが、少しの尿の臭いも気になる人には、愛してもらえないでしょうね。

私は、尿臭したって抱いて寝て、出かける前にシャワーかかればいいや、なんて思ってしまいますが。
こんなのはもう、すでに普通じゃないので、ダメですね。すみません。

一緒にベッドで寝なくても、それは構いませんから、アンジェロの身体を清潔に保って、健康に過ごさせてくださって、そのキラキラの瞳を受け止め、愛して抱きしめてくださる方を募集しています。



可愛いアンジェロに、会いにいらっしゃいませんか。

譲渡会参加予定はありませんので、自宅に面会にきてくださる方をお待ちしています。

ゆっくりでいい。来年でも、再来年でも。

アンジェロがうちにいるより、笑顔になれるご家族の元へ、迎えていただける日を夢見ています。





頑張ろうね。



カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR