FC2ブログ

子猫の収容が止まらない

ねこのしっぽ子猫譲渡会に参加予定の初姫をセンターから引き出した同じ日に、あと3匹の子猫を引き出しました。私と相棒のシガーさんが2匹の合計4匹。
シガーさんが引き出した子たちは、小さいひ弱な兄弟


センターから提示された期限置いとくと命の危険があると判断して最速で引き出したけど、それでも茶トラはいっぱいいっぱいで、引き出したその足で病院に行き入院した。

私が引き出した2匹は、状態が良い方のハチワレの初姫は、近所の信頼できる友人宅へショートステイ。
うちの隔離部屋には、疥癬、真菌、風邪熱発の満身創痍のちびっ子を入れた。

それでも止まらない収容。感染症のリスクを避けるためにはもううちもシガー家も入れられない。
の中の収容のキジ兄弟。見捨てるわけにはいかない。
エイズキャリア専門保護施設のサブタさんに一時保護をお願いする事に。

とにかく諦めたらそこで終わり。
その子の大切な命は終わる。
このキジ兄弟は、私かシガーさんかどっちかが後日受け入れる。元気に懐っこく育ちさえすれば未来は開ける!
私たち猫糸舎だけでなく、一緒にセンターレスキューやってる福ねこハウス@ねこ蔵さんも、同じくらいパンパンにキャパいっぱい超えるくらいレスキューを続けてる。
これでも止まらない収容。今日又新たな子猫の情報が来た。
みんな可愛い子ばかりで見捨てられるわけない!
福ねこさんとシガーさんの中では、ちびっ子がワクチン終わった私が1番マシ。というわけで、明後日木曜に更に3チビレスキューします。
この子たち以外にもう、センターに収容公示されている命の期限がついた成猫子猫がいます。
私たち少人数の登録団体で全てを救うことはできません。公示されてる子を家族に迎えたいという方いらっしゃったら、猫糸舎ホームページやブログのメールフォームからお問い合わせ下さい。
本当に、無責任に増やして捨てる人をゼロにしなくっちゃ、殺処分なんて減るわけもない。レスキューだけでは、全く追いつかない現実を知ってください。
⭐️猫たちをトライアルに出して、正式譲渡のお申し出を頂いている皆さまへ。中々お伺い出来ずにすみません。今レスキューした子以外にも、子猫の命に関わる相談案件が日々山積みで、消えそうな命優先で動いています。もうしばらくお伺いまでお時間をください。よろしくお願いします。
スポンサーサイト

素敵な出会いを待っています

15日の土曜日は、ねこのしっぽ子猫譲渡会です。
そして、まるにゃん堂さんの販売会も併設という素敵な土曜日

子猫たちはみんな保護主宅で手塩にかけてケアされたピッカピカの子たちばかり。
我が家からは、TNRの現場でお母さん猫と一緒に保護した6兄妹の中の黒男子2名と、1匹で保護された三毛のなめこ、ハチワレの初姫が参加します。




全員1キロ越えの健康優良児。そして超甘えっ子。大勢で育ってて、社会性も抜群。優しい先住さんが居るお宅でも、小さなお子様がいるお宅でもきっと大丈夫🙆‍♀️
いっぱい遊んで溺愛してくださるご縁を待っています。
ねこのしっぽホームページの里親さまへ願う事と譲渡までの流れをご一読頂き、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。
素敵な出会いを待っています。

15日土曜日はねこのしっぽ譲渡会です。

我が家からエントリーするのは、生後2ヶ月で、血液検査、駆虫、ワクチンが済んだ懐っこい子猫さん4人衆

1人目は三毛の、なめこちゃん

現在わんにゃんよかネットよりお問い合わせ殺到中。連絡先の私のメアドに次々とお問い合わせ頂いていますが、ねこのしっぽホームページより、里親様へ願うこと、譲渡までの流れをご一読の上お問い合わせフォームよりご予約下さい。
2人目は先月に引き続き、静香ママの子供達の黒猫軍団。牛若丸

兄弟1番の運動神経のわんぱく坊主。
だけど甘えん坊具合も兄弟1番!
ベタベタに可愛がってくれて、いっぱい遊んでくれるお家に行けたらいいなぁ。
3人目は同じく兄弟の官兵衛

同じく男の子だけど、こちらはマイペースのおっとりさん。1人よりも誰かと一緒に行けたらいいな。
静香ママと2人で迎えてもらえるようなら、全力でサポートします。
4人目は、先週センターレスキューしたハチワレの初姫

この子も目が合えば瞬間ゴロゴロの超懐っこいさん

穏やかな性格で物怖じしないので、先住さんや小さなお子様がいらっしゃるお家にも行けそうな子。
ねこのしっぽ譲渡会は、ケージ展示ではなく、室内フリーの触れ合い型の譲渡会です。

猫たちそれぞれの性格も見ていただきながら、スタッフと沢山お話ししていただいて、希望者様のライフスタイルに合う猫との出会いを見つけて頂く譲渡会。
そしてなんと、今回のねこのしっぽ譲渡会には、まるにゃん堂さんの出店もあるそうですよ。

可愛すぎる猫ベッド、私もゲットしたいと思います。
会場とスタッフの都合上、事前にアンケートにお答えいただいて、お越しいただく時間のご予約をいただいています。
お問い合わせはこちらのねこのしっぽホームページより、里親様へ願う事、譲渡までの流れをご一読頂いて、問い合わせフォームよりお願い致します。
皆様とお会いできるのを、楽しみにしています。

センター見学

福岡市動物愛護管理センターに、生徒たちと見学に行きました。

最初は座学で、この施設が作られた意味。狂犬病についての説明です。日本には今現在狂犬病は発生していないけど、アジア旅行で犬に噛まれた感染者が死亡している事や、海外には今も多くの狂犬病発生が報告されているので、海外で犬に噛まれない事、もしも万が一噛まれた時はすぐに報告して注射を受ければ助かる事。狂犬病は噛まれて半年後に発症することもある事など、とても大切なことを教えていただきました。みんな真剣に聞いています。

いよいよ施設内見学です。

譲渡に残る猫たちが医療を受けるため、飼育されている部屋

収容棟

小型犬用の囲われた犬舎。
みんなスマホで色々写真を撮っていました。

いよいよ犬舎裏の以前ここで機械による処分が行われれいた時、壁が動いて犬たちが死へと追いやられていた廊下

そに廊下の奥の絶望の穴を目の当たりにした時には、言葉を失い涙ぐむ生徒たち

この後慰霊碑にお参りして、みんな色々な想いを抱えて車に乗り込む時。
サプライズ

収容棟で見た小さなプードルちゃんを、ボランティアさんがお散歩訓練されていて。
みんな触れ合えてよかったね~~。
最後に。
教室に戻ってみんなに感想を書いてもらいました。その中の1人

響いたね、みんなの心に。
これから、今日の気持ちを忘れずに。もちろん元々優しい子たちの集まりのクラスだけど。
優しさプラス、小さな命を救える人になっていこう!
みんな素質たっぷりで、私達講師はやり甲斐あり。来週は今日感じた想いをポスターにして、社会に訴えよう。
殺処分ゼロは、収容ゼロ。そう簡単には敵わない。だけど、こういう若い感性が動物たちの未来変えていくんだよね。頑張るよ💪みんな💖

もう一花咲かせようか、イチカ‼️

あー、犬の笑顔は良いねぇー!

無償の愛って、こんな笑顔の事言うのかなって思う。
そんな人を信じて人を愛した犬が、ゴミのように捨てられて保健所に収容される。

イチカもそんな、3月のある日、年老いてやせ細って、歩く事も出来なくなったのに、林道の奥の産業廃棄物が山積みになったような場所に遺棄されたまだ生きているイノチ。

はぴねすブログのイチカの記事に保護直後の写真があるよ。骨皮筋子ちゃんだったもんね。


こんなにボロボロに傷ついた子を、処分機で死なせたくない。愛情で包んで送りたい。そう思ったレスキューだったけど。


イチカ、復活です。もう一花咲かせるよ!
その名前の通り、死神さん追い払ったよ。




こんなに笑顔でご飯ねだるの。





前足浮かして、ジャンプジャンプ‼️




お散歩大好き。ここは結構な斜面の草地。しっかり歩きます。


顔が笑ってるのわかるかな?

私まだまだこんなにお外を楽しめるのよ!



楽しいね~イチカ。斜面に腰掛けて、一緒に風を感じよう。




生き生きしてるイチカ。

もちろんおばあちゃん犬です。
目もあまり見えません。



だけど、この子の生きる力は、私の心に熱いものを送り込む。


もしかしたら、本当にもう一花咲かせられるんじゃないの?






ご飯の後にすぐ外に連れ出せば、すぐにおしっことうんちをします。

お散歩大好き。

お散歩の後は、次にお腹が空くまでひたすら眠ります。

無駄吠えゼロ。と言うより、声聞いた事ありません。



イチカの残りの犬生を、愛情たっぷり家族に迎えてくださる方、いらっしゃいませんか?
お問い合わせは、わんにゃんレスキューはぴねすさんまでお願いします。


カウンター
ご訪問ありがとうございます♪
プロフィール

TAMA

Author:TAMA
暖かいね、愛おしいね
ぷにぷにの肉球
つぶらなまっすぐな瞳
みんな幸せにしたいよ・・・
同じ想いの仲間たちと
コツコツがんばります

応募フォーム
飼主希望の方はこちらのメールフォームより、アンケートにお答えください。
お問い合わせの際は、こちらをクリックしてください。
最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR